トップ > 相手の動きを読もう

相手の動きを読もう!

卓球の試合中に、相手の立ち位置や動きを見て次の行動を読む事ができれば、とても有利に試合をすることができます。慣れないうちは相手を見る余裕なんてないですが、練習を重ねていけば、少しづつ今までの経験や相手の動きからスペースにボールを打つことができるようになります。

 

強い選手は相手の裏をかく事がとても上手いように思います。

サービスも、いつも回り込みレシーブをする相手に対して逆をつき、フォアにスピードサービスを出したり、レシーブもフェイントで逆をつく。といった事もやれるようになります。サーブ前。レシーブ前。試合中のラリー。さまざまな場面で普段から相手の動きを見て予測する癖をつけましょう。

完全に読むことはできないですが、少しでも予測することによって、いい試合展開ができるのではないでしょうか。

頭が疲れる練習で強くなろう!

自分の調子がとてもいいとき、相手が打球する前にどうゆうボールが来るか【先読み】できることがあると思います。あるいは、相手の打ってくるコースに自然と体が動いたり、自分が打った球がおもしろいように入ることもあるでしょう。

この感覚は偶然に起こるようなもので、意図的にすることは難しいと考える人も多いでしょう。しかし、意図的にするのは無理にしても、回数を増やすことはできます。

この感覚をより多く引き起こすには【予測する力】をつけることが必要です。

普段の練習から、相手がどのコースにどんなボールを打つのかを意識的に考える事で、自然とその力は高まります。

『Aさんはレシーブをバックに返すことが多いので、バック側を警戒しよう』『Bさんは接戦になるとショートサーブしか出してこないのでフリックで先手を取ろう』というように相手の動きを予測して、なおかつ対応策まで考えながらプレーをすることが普段からできていれば、本番の試合でも先読みする習慣がつきます。

体だけ使うのではなく、同時に頭も使いならがら練習しましょう。







小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。