卓球練習.comのトップへ > シェイクのバックハンドループの打ち方

シェイクのバックハンドループドライブ

シェイクハンドのバックハンドループは、下回転を打つ時に多く使われます。バックハンドドライブも、強弱をつけれるようになれば、相手のブロックのテンポをずらすことができます。ここではバックハンドループドライブの打ち方を解説しています。


①スタンスは卓球台のエンドラインに平行


②ひざは曲げすぎない


③フリーハンドは前に出す


④バック面を床に見せるようバックスイングをはじめる


⑤左ひざのすぐ横(内側)からスイング開始


⑥手首のスイングとヒジのひねりを最大限に使うインパクトは、
上半身を少しそらすようにしながら同時にラケットでこすり上げる


⑦インパクトは、
上半身を少しそらすようにしながら同時にラケットでこすり上げる


⑧右肩の上まで振りきるようにフォロースルー






小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。