卓球練習.comのトップへ > ドライブの練習方法 > バックハンドドライブの練習方法

バックハンドドライブ

バックハンドドライブとはその名の通り、バックハンドでドライブを打つ方法です。下回転やラリーに対して使われるテクニックで、裏面のあるシェークハンドラケットで主に使われます。

シェークハンドの強みの1つは、なんといってもバックハンドドライブではないでしょうか。バックハンドで強打できることによって、プレー領域も広くなり、試合展開でもとても有利になるでしょう。

フォアハンドと同様に、つなぎとしても使えるし、決定打にもなりますので、どんな場面でも使えるようにマスターしておきたい打法です。

ここでは普通のバックハンドドライブと、下回転に対してのバックハンドドライブの2種類の打ち方を、写真を使って解説しています。

  

バックハンドドライブの打ち方

普通のボールにに対しては、ラケットを寝かせてインパクトします。

体の正面でボールをとらえる

ヒジを支点にしてスイングしはじめる

ラケットは寝かせて前にスイング

打点は頂点

スイング後は次にそなえ小刻みなフットワーク


きれいなフォームでバック打ちを覚える3つのポイント動画


下回転(ツッツキ)に対してのバックハンドドライブの打ち方

下回転はボールを下から上にこすり上げるように打ちます。

ボールを見て体をボールの正面に持ってくる

ボールから目を離さず下にラケットを低い位置に持っていく

肩を入れ、ヒジを支点にして引いた反動で振りはじめる

インパクトに合わせて手首は少し返す感覚

フォロースルー後も次のボールにそなえる


バックハンドドライブ動画


スイングの比較

 対 下回転スイング  対 ラリースイング







前に振るのか、上に振るのかスイングフォローを見たら分かり易いと思います。

バックハンドドライブの注意点

・体からラケットがはなれないように、体の正面で打つこと
・ヒジが支点なのでスイング中にヒジが上がらないようにすること
・ボールの回転に合わせてラケット角度を変える
・打点が遅くならないように打点を意識する
・左足から右足への体重移動(右利きの場合)を意識する

バックハンドドライブの練習方法

①慣れない打ちは多球練習でバック側に出してもらう
②慣れてきたらバックとミドルに球出し、少しフットワークを使いながら練習する
③フォア、ミドル、バックへ、コースを打ち分ける事ができるように練習する
④3球目を意識してサービスからバックハンドドライブの展開を練習する

目的は試合でミスしないようにバックハンドドライブが使えるようになることです。慣れないうちは反復して集中練習するために多球練習を行い、徐々に試合で使える技術にする為に、上の順番で少しずつマスターしていきましょう。


トップページへもどる






小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。