卓球練習.comのトップへ > バックハンドの基本

卓球のバックハンド

フォアハンドとは逆に、体の左側で打つバックハンド。大まかにショート(またはプッシュ)、ハーフボレー、ストロークの3種類があります。ペンホルダーとシェークハンドでは打ち方が異なりますが、中国式ペンはシェークに似ています。

バックハンドは、フォアハンドほどの威力やスピードはありませんが、腕が体と離れないので、コントロールがききやすい。構えたときのラケットの位置は、体の正面。フォアハンド同様、体重移動と、腕を体から離しすぎないヒジの位置がポイント。

ペンホルダーはプッシュやブロックが主になります。

 


バックハンドの種類と打ち方

ショート
ラケットを壁のようにしてボールを当てて返す、というような、どちらかというと守備的は打法です。押し出すように打ちますが、ほとんど相手のボールの力だけで返すブロックみたいなもので、ペンホルダーでよく使われます。ショートは攻撃性はないけど、正確にコースを狙って返すという点で広く活用されています。


ハーフボレー
ハーフボレーとはボールが自分のコートにバウンドしてからすぐ、上昇過程(上に向かってはずんでいる時)に打つ打ち方のことです。ペンのプッシュに似ていて、押し出すように打つ方法。

1、スタンスはやや左足前か、台と平行。
2、体の前でボールをとらえるのが基本。足を使ってポイントに素早く入る。
3、肘を支点に終始固定した状態、フリーハンドの位置は自由。
4、打球点はバウンド直後。
5、フリーハンド少し引きながら、ボールを押し出し、ラケット面を返す。


ストローク
ショートやハーフボレーと異なり、大きく振り抜く方法。フォアハンドと同様の重要なバックハンドの打ち方。つなぎのストロークとして、是非身につけたい。


バックハンドドライブ


以上のことをふまえて、次にバックハンドの練習方法を見て基本練習をしましょう。


関連記事
進化するバックハンドと役割の変化





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。