卓球練習.comのトップへ > 打球点について

打球点を考えよう

卓球は回転、スピード、パワー、タイミング、コース、あらゆる場面で繊細なスポーツです。少し力を入れすぎるだけでオーバーしたり、角度が少し違うだけでネットにかかったりしてしまいます。

その中のタイミングという部分、つまり打球点もとても重要な部分です。打球点とは下の図のように、どこで打つか?というタイミングのことです。あらゆる場面でこの打球点は変わってくるのでここではタイミング関して考えていきましょう。

打球点は一律で同じ打点とは限りません。戦型だったり、表ラバーと裏ラバーの違い、相手の回転によっても変わってきますが、ここでは基本の打点を紹介してます。
  
まず打つタイミングは以下の4つになります。

1、バウンド直後
2、頂点
3、落下点
4、落ち際

まず、卓球では2の頂点を打つことが基本です。1番高い場所で打つことが1番安定したボールが打てるからです。しかし、場面によっては打つタイミングは変わってきます。ストップの時は1のバウンド直後を打ったり、カットマンのカットは3や4の落ち際を打ったりします。

普通のドライブでは、頂点を捉える事が基本ですが、つなぎのループドライブやカーブドライブは3のタイミングの方が安定したりします。試合で下回転に対して3球目が安定しない時は、1度打点を遅くして安定したボールを打てるようにして、徐々にタイミングを頂点に持っていくといいです。

フリック、ツッツキは頂点
ストップはバウンド直後
ブロックは相手のドライブの回転によるが、基本バウンド直後

など、いろんな打球点があります。練習の中ではフォームもそうですが、打球点も意識して練習するといいです。いろんな打球点でいろんな打ち方を考えてみてもいいでしょう。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。