卓球練習.comのトップへ > ドライブのオーバーミスが多くなるのはなぜ?

ドライブのオーバーミスをしてしまう時

ドライブは、知っている通り、ボールに前進回転をかけて打つ打法ですが、このこすり上げる打ち方はもともとオーバーミスしてしまいやすい打ち方だということを理解しておきましょう。主な原因は次のことが考えられます。

1、こすり上げる時に、相手のコートを越えるような回転とスピードを与えすぎた時です。特に打球点を落として、大振りする人に多いようです。スイングと打球点を意識しましょう。

2、相手のドライブボールに押せれてしまい、中途半端な当てるようなドライブになってしまった時です。つまり、相手の上回転に負けてるということです。しっかりとボールの上を切りるスイングを意識しましょう。

3、下回転を打つときに、変化の見きわめができておらず、ボールが落ちないように思い切りドライブをかける人で、切れてないボールをオーバーミスするケースです。
ボールの動きや、相手のツッツキをする瞬間をしっかり見て、切れているか切れていないかを判断できるようになりましょう。


まとめ
オーバーミスをしないためには、こすり上げは必要ですが、相手のコートでボールが落ちるように水平的な打ち方を入れることです。切れているか切れていないかをよく見て判断し、切れていない時は、ボールを前に押すようにこすり上げを少なくすることです。

ドライブボールに対しては、あまりボールの打点を落とさずに、相手のスピードに負けない思い切ったスイングでボールの上を切るようなスイングで打ちましょう。

いろいろな変化するボールに対する練習を積み重ねていくと、インパクトの瞬間にラケットの角度やスイングの方向を微調整できるようになり、オーバーミスだけでなく、ネットミスも防げるようになるはずです。

多球練習などで、切れた下回転と切れてない下回転を交互に出す練習をしたり、普段から打たれたボールの回転を、集中して見極めることを意識しながら練習を積み重ねましょう。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。