卓球練習.comのトップへ > ドライブつなぎでの注意点

ドライブでうまくつなごう!

練習で元気のあるうちには、どのボールも思い切りスマッシュやドライブが打てますすが、試合になるとそうもいきません。試合相手もそうさせまいと送球するわけですので、このことを考えると、どうしてもつなぎのボールは必要になってきます。

このつなぎボールですが、どんなことに気をつけて打っているかでその後の展開を大きく変えてしまうものです。次の点に注意しましょう。

    

相手が攻撃選手なら、スマッシュや強いドライブを打たれないように、ネットから10cm以内の低いボールを送ることが第一です。できるだけ低いボールを送れるように練習しましょう。

第二にコースを考えましょう。相手がいる場所からより遠くに、または動こうとしている逆のコースをねらう事です。できるだけ深い位置に落とすとなおいいです。

打ち方としては、相手のボールに押されないように、普段と同じ肩と腰の回転を使い、腕のスイングスピードでスピードを調節するように押し出すように打ちましょう

対カットマンの場合は、ドライブで粘るつなぎのボールの良し悪しが、カット攻略にそのまま影響されることになるので、どちらにしろしっかり覚えるべきポイントでもあります。ボールの変化をしっかり見て、何本つなぐことができるかが大切になります。もう一つ対カットに関して言えば、ボールの高低や、深い浅いの変化をつけれるようになればよりベストです。

いずれの場合も、つなぎのボールでミスをしないこと、そして次のボールで攻めることができるように戻りを早くすることにも気を配りましょう。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。