卓球練習.comのトップへ > ドライブの練習方法

ドライブの基本

ボールに上回転(トップスピン)をかけて打つ方法がドライブです。ドライブはボールをこすって上回転をかけることによって、普通に打つよりボールが落ちるので低いボールに対して強打することができるのです。

   


現代の卓球において、ドライブは点を取るためにとても重要な技術です。ドライブを自由自在に使いこなせるようになれば、必ず得点力があがります。しっかりマスターしましょう。ここではドライブの打ち方と、練習方法、3つのドライブについて解説しています。

    

ドライブの打ち方、かけ方

しっかり体に引きつけて、体を沈めるような体勢で上にボールをこすりながらスイングする事。

ドライブに重要なのは体重移動です。右利きなら、しっかり右足に重心をおき、スイングとともに腰を使いながら左に体重を持ってくることです。そうすることで、体全体で回転をかけられるようになります。慣れないうちは、右から上にスイングしてあげて、感覚を掴んできたら、前に向かって振るようにしていきましょう。

回転をかけるコツは、ラバーにボールを食い込ませて『キュッ』と切る事です。インパクトの瞬間に少し握る力を入れる事で意識しやすくなり、回転をかけれるようになります。

ドライブがしっかり打てるようになれば気持ちいいですよ。


ドライブを綺麗なフォームで打つ方法の動画


ドライブのポイント

右足に体重を持ってくる。ラケットはやや右下で構える。

頂点を捉える。ラケットは、ねかす。

ボールの上をこする。

しっかり振り抜く。


ドライブを打つときのコツ
・右から左へしっかり体重移動をする。(手うちにならないようにする)
・バウンド後、頂点を打つ。
・ラケットをに振る。(上に振らない)
を曲げる力を利用する。


フォアドライブのコツ(ツッツキ打ち)動画



バックハンドドライブはコチラ

ドライブ練習方法

1、コースを決めて、基本を身に付けよう
初心者の場合、多球練習でフォア側に下回転のボールを出してもらいフットワークを使わずにドライブができるようになりましょう。動かないで確実に入れることができないと、フットワークを使ってなんて打てないでしょう。まずはドライブの正しいフォームを体に覚えさせることが基本です。

   


2、動いて打てるようになる
確実に入れることができるようになれば、フォアとバックに交互に下回転の球出しをしてもらい、フットワークを使ってしっかり動きて確実に入れることができるようになりましょう。これができるようになれば初心者は卒業です。

   


3、3球目などの試合に活かす練習
しっかり動いて打てるようになれば、次は試合で活かすことができる練習をしましょう。サーブを出し、ツッツキでバックかフォアにレシーブしてもらい、それをコースを判断して3球目ができるようになりましょう。サーブからの3球目練習を参考にしてみて下さい。

基本練習から徐々に、試合の形に近づけていけるような練習にしていきましょう。

3種類のドライブ


ループドライブ
ループ(輪)の大きい弧を描くようなドライブの事をいいます。
主に相手のツッツキやカットの下回転ボールに対して使うことが多く、沢山回転をかけ、安全性が高いつなぐ感覚のドライブです。
しかし、上回転がつよく、バウンドが高く、スピードもあまりないので、相手にカウンターを狙われる危険性があります。できればしっかりコースを狙いましょう。

パワードライブ
決定打になるパワードライブ(スピードドライブ)。ラケットだけでなく、体全体を使って、ボールに体重をのせることで、パワーのあるドライブが打てるようになります。普通のドライブは下から上に回転をかける感覚ですが、パワードライブは下から前に出す感覚です。ここぞという時に打てると、得点力が上がります。

カーブドライブ
ボールを巻き込むようにドライブをかけると、カーブします。普通のドライブをマスターすると、意識せずに打てるようになりますので、初心者は意識して練習しなくてもいいとおもいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ドライブ上達コラム
ドライブの回転を増やす方法
ドライブのスピードをあげる方法
ドライブのオーバーミスが多くなるのはなぜ?
ドライブとスマッシュをうまく切りかえるには?





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。