卓球練習.comのトップへ > ドライブの練習方法 > ドライブの回転を増やす方法

ドライブの回転を増やす方法

相手のドライブをブロックする時に、オーバーミスをすることがあると思いますが、なぜでしょうか。予想以上のドライブの上回転に反応できなかったからでしょう。ブロック側からすると、相手のドライブの回転を予想できない事はとてもやりずらい相手になることは明確です。

逆に考えると、相手の予想を上回るドライブの回転を与えるとブロックミスを誘うことができるでしょう。弱いスピンと強いスピンの差が相手のミスを誘うということです。ドライブも回転を打ち分けることで相手にとって有利に試合を運ぶことができるということです。

ではその為にはまず、ドライブの回転を増やす事です。強いスピンのドライブを打てるようになればあとは打ち分けることができるようになるでしょう。

ここでは、ドライブの回転を増やす方法を紹介します。

・角度
・スイングスピード
・インパクトの瞬間


打つ角度


   
ラケットの角度に応じてドライブの回転の強さが変わります。打つ方向に対してラケット面が立つ(90度になる)ほど、ラケットスイングの力はスピードに使われ、寝かせるほど回転の力に使われます。強い回転をかけるにはラケットを寝かす必要があるということが、上の写真では分かると思います。逆にスピードを出したい時は、あまりラケットを寝かせないことです。打ちたいドライブに応じて角度を調節しましょう。

打つスイングスピード

同じラケット角度だとすると、ラケットを振るスイングスピードに比例して回転量が増していきます。スイングスピードを上げてボールにかかる力を大きくすれば、押す力こする力を同時に大きくすることができるからです。

打つ瞬間(インパクト)

あとはインパクトする瞬間に意識して力を持っていく事が大事です。スイングもそうですが、ラケットの握る力も、インパクトの瞬間だけ少し強く握ることを意識してみましょう。そうすることでタイミングを意識するのでとても打ちやすいです。

以上を参考に、強いドライブを強化してみてください。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。