卓球練習.comのトップへ > レシーブからの攻撃練習 > ドライブレシーブからの攻撃練習

ドライブレシーブからの攻撃練習

ドライブレシーブ練習方法
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1、コースを絞ってロングサーブを出してもらう
まずはバック側、フォア側というふうにコースを絞って、いろんな回転のサーブを出してもらい、ドライブレシーブの練習しましょう。しっかり体を寄せて正面で打てるようになる。
   サーバー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2、短長を見極める
バック側に絞ってショートとロングのサービスをランダムに出してもらいましょう。ロングサービスならドライブ、ショートサービスならフリックorストップで対応しましょう。ドライブレシーブの基本は、サーブの長さを見極める目をつけることです。
   
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3、オールコートロングサービス

ロングサービスをランダムに出してもらいドライブレシーブをする。無理に打とうとせず、しっかりボールをとらえる事を心がけましょう。慣れて来たらコースを打ちわけましょう。
   サーバー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

試合中ロングサービスは積極的に打てる体勢を整えましょう。ドライブレシーブで先に攻めることができるようになれば、試合を有利に運ぶことができるようになります。どこに来てもミスのないようにしっかり練習しましょう。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。