卓球練習.comのトップへ > 動体視力のトレーニング

動体視力のトレーニング

動体視力とは簡単に言うと、動いているものを見分ける能力のことです。ボクシングでパンチをかわす、野球のバティング、バレーのレシーブなど、あらゆるスポーツで動体視力は必要です。

有名な話ですが、イチロー選手の動体視力はずば抜けていて、昔いろんな番組で取り上げられ、今では一流のプロ選手には欠かせない能力となってる。

そう考えると、特に全てのスポーツの中で1番ボールのやりとりが早い卓球では、もっと必要な要素だと思います。コースを見切る、回転を見切る、相手の動きを見切るためにあらゆる場面で必要になるからです。ということで、ここでは動体視力のトレーニング方法をご紹介しようと思います。

     


動体視力は鍛えることができるのか?
そもそも動体視力は鍛えることができるのか?という疑問がでそうですが、答えはイエスです。あらゆるところで『センス』という言葉を耳にしますが、センスとは感覚のことで、センスは生まれ持った才能とは違い、実は誰もが生まれ持った能力なのです。

生まれてから今まで経験したことが、あらゆるセンスを生み出しています。ということは、その経験を意識的にトレーニングすることが可能なのです。まさに努力に勝る天才なしとはこのことですね。


動体視力のトレーニングは日々の生活の中で取り入れることができます。

・例えば道路を行き交う車のナンバーを目で追いかけ判断する。
・電車や車から外の看板を判断する。
・顔を動かさずに目の玉でけで、両手の親指を交互に素早く見る。


などです。特に三番目は目の奥が熱くなるのを感じます。目の中にも筋肉があり、素早く動かすことによって視点を切り返す速さ=動体視力は鍛えられるでしょう。

卓球に関して言えば、相手のスマッシュをラケットに当てることも1つの練習になります。多球練習でスマッシュを出してもらうと、動体視力トレーニングと同時にブロック練習にもなるでしょう。動体視力を意識して毎日を過ごせば、必ず訓練することができるはずです。


動体視力を強化する利点は卓球だけではありません。普段の日常生活でのいろんなアクションに対して反応することができるようになります。例えば急に飛んできたボールを交わすことや、車を運転中にヒヤリとする危険をとっさの判断ができたりするのです。どんくささを改善することもできます。これからあらゆるスポーツをするかもしれません。その時には必ず役に立つ能力になるでしょう。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。