卓球練習.comのトップへ > フォアハンドの練習方法

卓球のフォアハンドの基礎と打ち方

フォアハンドはスイングの基本中の基本です。野球でいうとキャッチボールくらい大切です。構え方、ラケットさばき、体重移動、という卓球で大切な事がすべてフォアハンドにあります。フォアハンドなしで上達はありえないのでしっかり基礎を練習しましょう。
          

卓球をやっている人でフォアハンドができない人はいませんが、全員がしっかりできているかというと、そうでもありません。この基本をおろそかにしているせいで、うまくなれない人は沢山います。

フォアハンドの5つのポイントは、

1、 スイングは体の正面で終わる。
2、 しっかり体重移動(右利きの場合、右足から左足)をする事。
3、 手だけで打つのではなく、腰と体の回転で打つ。
4、 バウンドしたボールの頂点を打つ。
5、 台と同じ高さからスイングする。



初心者同士の練習ならば、ラリー形式では続かず、練習の効率がよくないので、1本づつ球出しをしあった方が、しっかり反復練習ができます。レベルに合わせて『10本連続ミスをしない』など目標を決めて、意識した練習が効果的です。


体重移動についての記事
重心の割合と体重移動


フォアハンドの練習方法

・多球練習でフォアハンド練習 (初心者向け)

   
両方の選手が、打つのに慣れていないときは多球練習でフォア側にボールを出してもらい確実に決めれる練習をしましょう。慣れない同士打ち合うと、続かないので効率が悪いです。しっかりとボールを打つフォームと打点を意識しながら確実に入れる事ができるようなることが理想です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・フォアハンド練習1

   

フォア側同士でラリーをしましょう。フォアハンドは卓球の基本なので、ミスがないようになるまで練習に入れていきましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・フォアハンド練習2

    

バック側クロスをフォアハンド同士でラリーする練習です。この時大事なのはバック側の立ち位置で、台から離れすぎないようにすることです。離れすぎると打点が落ちてしまうからです。しっかり頂点を打球できるように意識しましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・ストレートのフォアハンド練習

   

今度はフォアハンドのストレートコース練習です。フォア側とバック側の2種類があります。ストレートコースはクロスに比べて台の長さが短いので、その違いを意識して感覚を養いましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フォアハンドは卓球の基本です。おそらく1番練習することになるでしょう。回数をこなすことができるようになったら、ラリーのスピードを上げて練習しましょう。
フォアハンドをマスターすれば、次はフットワーク練習や、バックハンド練習をマスターしましょう。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。