卓球練習.comのトップへ > ツッツキの練習方法 > フォアハンドのツッツキの3つのコツ

フォアハンドのツッツキのコツ

バックハンドの安定したツッツキに比べて、フォアハンドのツッツキがむずかしい、うまくいかない、誰もがそう思うでしょう。

そこで、どうしたらいいかということですが、まず第一に、できるだけフォアハンドのツッツキを使わないことです。自分の不得意はできるだけ使わない、これは戦術の基本です。

ツッツキのボールはゆっくり飛んでくることと、バックハンドでのツッツキの方が安定しているので、ミドルを含んだ広い範囲のボールはバックハンドで返す事をオススメします。

第二に、フォアハンドのツッツキがうまくできない人の多くは、バックスイングに問題がありますので、次のことに注意しましょう。


①ヒジは右腰の前につける
バックスイングをした時に、右ヒジが体のうしろになっていませんか?これだとストレートコースへのツッツキがうまく返せません。右ヒジが右腰の前の部分に少しつくくらいを基準にしましょう。


②ヒジをV字に
ヒジにV字なるようにバックスイングをする。そしてヒジがピンと伸びきらないように、ボールの落下地点に足を入れるくらいのイメージで、カラダ全体をボールに近付けてツッツキしましょう。


③ラケットの先端を下げない
ラケットの先が下がっていたら、手首を使うことができず、回転をコントロールしにくいし、変化のあるボールを出すことができません。バックスイングの時に、ラケットの先が下がらないように気をつけましょう。


ツッツキの打球点を考えよう

   

ツッツキの打球点は低く確実に入れる。という事を優先するなら頂点後のD点が最適な打球点になるでしょう。D地点まで、相手の打球に対して大勢をととのえる時間が十分にあります。

しかし、相手のコートに2バウンドさせるように入れる。という事を優先するならB地点が最適でしょう。ネットに近いので、小さくねらって返しやすいからです。小さくツッツキを入れて、

・相手に攻撃をさせない。
・相手を前に動かして、その次に攻撃する。

という目的の時には、やはりB地点がいいです。


ツッツキによるショートレシーブ(ストップレシーブ)がうまい選手は例外なくB点で打球しています。このようにツッツキは目的によって打球点が違います。


しかしカットマンは基本的にD~E点で打球します。低く確実に安定して入れやすいことと、相手の強打に対して時間的余裕が生まれるからです。カットマンでもレシーブはB点でツッツキをする、というふうに使い分ける人も多くなってきました。

ツッツキの最適打球点は1つだと固定しないことも大切です。


ツッツキが浮いてしまう場合

『ツッツキが浮いてしまい、相手にドライブやスマッシュを打ち込まれてしまう。』
という悩みがたくさん寄せられてきますが、僕も昔は苦労しました。その原因の多くは、相手のボールの切れ具合をしっかり判断し、そのボールの回転に応じた角度を作れていないことがほとんどです。

基本的にラケットの角度は45度ですが、ボールが浮いてしまうようなら上を向けすぎです。逆にネットにかかってしまうなら、ラケットを上向きに台にそうように前に押し出しましょう。

ラケットを上向きにして、ボールの下をラケットで押しながら切る事が大事です。角度で当てるだけのツッツキは、相手に打ってくださいと言っているのと同じです。相手に当てるだけのツッツキを出してもらうと分かりますが、とても打ちやすいです。普段からしっかりボールの下をツク事を心がけて練習しましょう。


ツッツキの練習のポイント

最低でも20回連続で入れれるようにならないとダメです。ツッツキミスはすごくもったいない失点ですので、必ず練習しましょう。

まずはコースをしぼり、上の点を気をつけながら『ツッツいたら足をもどし、そしてまたツッツキに入る為に足をふみこむ』を繰り返し練習すると、感覚をつかむことができます。

慣れて、しっかりツッツキができるようになってきたら、フォア側に流すように横の回転を入れてツッツいたり、深く鋭くツッツいたり、逆に切れてないツッツキをしたり。といった変化のあるツッツキができるようになると更にいいでしょう。

その為にはまず基本をマスターしましょう。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。