卓球練習.comのトップへ > フリーハンドの役割と使い方

フリーハンドの役割

案外、気にされていないフリーハンド。長年卓球をやってきた方でもあまり気にした事がないという方も多いかと思います。そもそもフリーハンドの役割とはなんでしょうか。その答えは、どんな時にフリーハンドをあげたり、降ったりしているかを思い出すと、役割は分かってくるでしょう。

そうです。フリーハンドの役割は、バランスを保つこと、遠心力を強めること、スピードを速めることです。

フリーハンドの使い方は、スマッシュやドライブのような、威力のあるボールを打つ時と、ブロックや軽打の時とでは異なります。


スマッシュやドライブの時には、勢いを持って肩を回転させる為に、フリーハンドも後ろに引かれるのが自然ですが、次のボールへの戻りを考えるとヒジから手までは前に突き出ていることが必要です。

人によっては頭の前だったり、胸の前だったりしますが、フォロースルーが終りラケットが頭のあたりにある時のフリーハンドは、狭くなるのが普通でしょう。
ラケットで打つ方の動きのみを重視する傾向がありますが、連続ラリーに備えるにはフリーハンドの引きすぎに注意しましょう。


軽打の場合は、比地の角度を90度くらいして、力を入れずにお腹の前においておく置いておく感じでインパクトし、肩の回転で自然に動くくらいにしておきましょう。

よくあるのは、バックスイングからフォロースルーにともなって、回転する肩の動きと同じように、フリーハンドも腰よりうしろに回ってしまってしまう人です。大きく回したフリーハンドをもどす余計な力を使ってしまうだけでなく、戻りもおくれてしまいがちです。

軽打の時は、リズムをとるために動かすくらいにしましょう。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。