卓球練習.comのトップへ > 深いツッツキに対してのドライブ

深いツッツキに対してのドライブ

試合中に相手のツッツキが深く、なかなか3球目攻撃ができず、結局ツッツキで返球することが多く攻めることができなかった。深いツッツキが苦手だ。そんな時の対処方法を、ここでは分かりやすい2つの方法を解説していきます。


1、少し後ろにさがる
1つ目はまず『相手はツッツキが深いな』と思った時、いつもより少し後ろにさがることをオススメします。サーブしたあと気持ち後ろに下がる事で、詰まってしまう事を防ぐ事ができます。そして、深いツッツキに対して後ろから前へしっかり詰まることなくドライブが打てるような余裕ができます。どうしても詰まってしまったボールは後ろに下がりながらは打ちづらいものです。その為、余裕を作る為に下がるワケです。

しかしこの時の注意点はストップされた時の事を考えて下がりすぎない事です。相手もツッツキと見せかけてストップしてくるかもしれません。ストップにも対応できるような下がりすぎない位置で構えましょう。


2、打点を早くする
普通のツッツキは台から出る時に打つ打点は頂点か下がり際のタイミングになってしまいがちですが、深いツッツキは台から出る時ボールはまだ上がり際です。そのボールの上昇中に打つことで、ボールはドライブで持ち上がりやすいのです。
        

青色の方が普通のツッツキで、上がり際を打てない。
赤色が深いツッツキで、上がり際を打てる。

それをふまえて、深い長いツッツキを早い打点でドライブするという練習を取り入れて見てはいかがでしょう。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。