卓球練習.comのトップへ > 逆モーションと流し打ち

逆モーションとは

狭い台の中で戦う卓球において、相手の予測を外す為の動き(逆モーション)はとても効果があり、多くの場面で使われます。ここでは逆モーションと流し打ちについて分かりやすく解説していきます。

  左の図のように、
フォアハンドからクロスに打つモーション(動き)でストレートに打ち抜く、という逆モーションが一番使われている技です。

もともとクロスコースを予測していた相手を大きく揺さぶることができるわけです。


逆モーションの打ち方は、インパクトの瞬間に腰や肩の動きを止め、ラケットを前に持っていくようなスイングでストレートに送ります。気持ちはシュートドライブをかけるように、ラケットを外に向けるような意識でスイングします。

逆モーション練習としては、まずは、フォア側からフォアとバックに交互に打ち、打ったボールもフォア側にブロックしてもらう練習で、ミスをしないように打てるようになりましょう。

その時、あまり大振りにならないように気をつけましょう。フォームは小さく腕が伸びないように気を配りましょう。


流し打ち

流し打ちとは、相手コートのサイドを切ってボールが流れていくようにする打ち方です。腰の動きも途中で止めて、ラケットの先も回転しないで外側を向いたままスイングします。

 流し打ちは、左の図のように、バックに来たショートボールを、体を少しそらしながら相手のバック側のサイドを切るように打つ、という技術です。

サイドを切ることによって、相手を大きく動かし、場合によってはそれ自体でポイントを取ることもありますが、その分、高いコントロールが要求されます。

ツッツキやショートに対して流し打ちができるようになれば、相手の動きをくずす上で効果的です。


流し打ちの練習方法としては、レシーブをバック側にツッツいてもらい3球目で打つ練習や、多球練習がいいでしょう。

その際、打った流し打ちは、フォア側にブロックしてもらい、もしブロックされた時のためにフォア側への飛びつきができるようになりましょう。

飛びつく為には、流し打ちもできるだけコンパクトにできるようにしないと、戻りが遅くなってしまうので、フォームは小さく戻りも早くできるように意識しましょう。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。