卓球練習.comのトップへ > 上達する人の条件

上達する人の条件

日本のトッププレイヤーを排出する有名なクラブの監督に『伸びる選手の共通点は?』という質問をしたところ、4つの条件があるとのことでした。ここではその4条件について解説していきます。


1、ちょっとしたことに気が利く選手
ボールが落ちていればすぐに拾ったり、卓球台やフェンスの少しのズレに気がついて直したり、細かい整理整頓ができることが大事です。

卓球のプレーとは関係ないと思うかもしれないが、こうゆうささいな事に気がついて、行動に移せる姿勢を持っているという事は、日々の練習の中から上達へのポイントや大切なことを見つけられる選手です。

つまり、何も気づかずただボールを打つだけでは卓球は強くならないという事です。ささいなことに気を向けましょう。



2、基本練習をムダにしない選手
基本練習は強くなるためにとても大事なことです。でも、ただ基本練習をしているだけでは試合に勝てないのも事実です。大切なのは取り組み方にあります。
毎日のことなので、ウォーミングアップのようにとらえ、漠然とボールを打つだけならば、考え方を変えるべきでしょう。

基本練習は毎日するからこそ、自分のプレーの特徴を知り、課題を見つけ、克服するための時間となるからです。ラリーもつなげるのは楽しいですが、『フォア強化』や『ステップ意識』などテーマを決めて取り組む事で、日頃から考えながらプレーすることが身につきます。つまり、反復する基本練習ですら、試合で大切な、考えながらプレーする練習にもなるのです。



3、試合で勉強できる選手
大会や練習試合では、

・真剣に試合を観戦する人
・友達とおしゃべりして試合に集中していない人

の2つの選手に分かれます。あなたはどっちのタイプでしょうか。
強くなりたいならば、どうしてあんなプレーができるのか?どんな風に打っているのか?というふうに真剣に試合を観察、分析しましょう。

技術というのは教えてもらうよりも、自発的に考え、盗み、取り入れていくからこそ上達するのです。



4、自分で考え、コミュニケーションをとれる選手
普段から指導者や先輩、チームの仲間にコミュニケーションをとりながら練習することです。もしも課題や悩みがあったら指導者や先輩などに聞いて見ることで、経験の中から、克服の方法やアイデアを教えてくれるかもしれません。

自分のカラに閉じこもってるだけでは進歩しません。

恥ずかしがらずに積極的に質問してみましょう。何気ない会話の中に、強くなるヒントが隠れているかもしれません。

   

最後に
僕は高校時代の監督に、スポーツも社会に出ても『10のうち9は精神面』ということを耳にタコができるくらい言われてきました。この上達の4ヶ条は社会に出ても同じです。

・考えて行動できる(思いやり)
・コミュニケーション(人間関係)
・気が利く=人に好かれる
・基礎が大切(礼儀や清掃など)

部活動ではスポーツの向上と同時に、人間性を磨きましょう。必ず将来あなたの役に立つはずです。僕は社会に出て、学生時代ずっとスポーツをやってきてよかったと今でも思います。

そして気がつきます。

どのスポーツでも強いチームは教えていることが同じで、人間性が磨かれてる事に。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。