卓球練習.comのトップへ > 打つときの重心の割合と体重移動

重心って?

卓球の本を見たり、いろんな場所で練習をしていると、

重心を移動させよう!
重心が下がってるぞ!

というふうに、重心という言葉がよく使われますが、そもそも重心ってなんなの?と思う人もいると思います。特にはじめたての頃はチンプンカンプンになるでしょう。


重心とは
重心とは、簡単にいうなら、体重のかかっている中心の場所になります。
  
上の絵のように、赤線が重心のおおよその中心の場所になります。スケートの選手が氷の上でこけないでいられるのは、重心の場所をバランスよく保っているからです。

卓球において使う重心とは、スイングした時のバランスを保つ軸みたいなもの。


なぜ重心を移動させるの?
重心がうまく使えないとスイングのバランスが保てず、次の動きがスムーズにできないからです。また、その重心をうまく使いスイングの力を十分にボールに伝えるにために体重移動するのです!


例えばフォアハンドでボールを打つ時の重心の割合は、

右足に80%、左足に20%

右足に65%、左足に35%

右足に60%、左足に40%

両足に50%

右足に20%、左足に80%


という風に、体重移動によって、体重の重心が右足から左足に移っているのです。


もし体重移動しなかったら?
もし卓球で体重移動しなかったら手打ちになってしまいます。手打ちになるということは、立ったままボールを投げるのと一緒で、例えば、野球で有名なダルビッシュ選手が、ただ立ったままボールを投げるとどうなるでしょうか?

まず、あんなに早いボールは投げれないでしょう。

卓球も同じで手打ちになると、早い力のあるボールは打つことができないのです。体重移動がどれだけ大事かお分かり頂けたでしょう。



体重移動を身につける手軽な方法
    
上の図のように、右、左、右、左・・・
という風に、交互にジャンプステップしながら、

右足のステップの時はラケットを引く
左足のステップの時はスイングする

という順序で体育館を走ると、体重移動の基礎が嫌でも身につきます。

この練習が終わったあと、飛ばずにその場でスイングしてみると・・・!?





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。