卓球練習.comのトップへ > ドライブの練習方法 > カーブドライブ

カーブドライブ(シュートドライブ)

相手の台へ曲がって入るカーブドライブ。誰もが憧れる技の1つでしょう。カーブドライブはボールのやや横を切るように打つのが基本です。

  

ラケットの右上をこする為に手首を少し内側に入れ、ラケットを巻き込むようなスイングで上回転+横回転をかけるイメージで打ちましょう。ラケットの傾きによって曲がる力が変わってきます。

カーブドライブは相手が右利きの場合、逃げていくようなドライブになるので、相手のフットワークを揺さぶる事ができますが、ギリギリのラインを狙う分、高い技術が必要になります。まずはループドライブや普通のドライブをマスターした上で練習する事をオススメしたい。

ギリギリのコースで打ち抜いた時の快感はとても気持ちがいいです。

練習方法はフォア対フォアのラリー練習から始めましょう。少しずつラケットを傾けてカーブの感覚を身につけましょう。普通のドライブよりも上回転が弱くなる分、相手はブロックでネットに引っかかるミスをしてしまわないように気をつけましょう。

慣れてくると下回転のボールに対して打つ時にも使えるようになります。是非チャレンジしてみて下さい。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。