卓球練習.comのトップへ > 回転のメカニズム(横回転編)

卓球の回転のメカニズムを知ろう!(横回転編)

卓球では、サービスを相手のコートの狙った場所に正確に返すことは、とても難しいことです。相手の回転を見極めて、的確なラケット角度を保たなければなりません。その為に、ここでは分かり易い図を用意しました。ボールの回転のメカニズムを理解しレシーブに役立てて頂ければ幸いです。レシーブは下の3つの方法があります。

・角度レシーブ
・順回転レシーブ
・逆回転レシーブ


横回転のメカニズム


   
相手のサーブの回転に応じて、上の図のように、ラケットの角度でレシーブする方法があります。上の図では左横回転がかかってるので、真っすぐラケットを当てると右方向にボールは飛んでいってしまいます。上回転と下回転は誰でも判断がつきやすいのですが、この左右の回転が入ったレシーブに、はじめは苦労します。しっかり回転のメカニズムを理解した上でレシーブ練習を心がけましょう。

簡単!角度レシーブ方法

相手のサーブのラケット角度を見てボールの回転を判断し、その回転に合わせてラケットの面の角度を変える。『右回転だからどっちにかたむける?』なんて考えていたらレシーブは間に合いません。

鏡にうつした角度でOK!
実は、頭で考えなくてもとっさにラケットの角度を作る方法があります。それは下の図の様に、自分がサーバーのになることなのです。もっとも簡単に角度を作ることができる方法です。

 

サーブした逆の角度でレシーブする図
      

マネの順回転レシーブ方法

順回転レシーブとは、ボールの回転に逆らわない方法です。図のように横回転をそのまま当てると右方向に飛んでいきます。


しかし下の図のように、回転と同じ方向にラケットを動かすと、前に飛んでいくのです。ボールの回転に逆らわずにレシーブする方法です。




順回転レシーブはサーバーのマネをすることがポイントで、言葉で説明しても分かりにくいと思うので、下の図を準備しました。



強めの逆回転レシーブ方法

逆回転レシーブは名前の通り、相手の回転の逆回転をかけるレシーブです。

   

相手の回転に負けないように強いスピンをかけないといけません。逆回転レシーブは少し技術がいりますが、相手の逆をつくことができるようになるので身につけたい技術でもあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
各レシーブ方法をマスターして、レシーブでも有利な試合展開ができるようになりましょう。苦手なレシーブ練習は、多球練習で克服しましょう。

たった一つのスイングだけで完璧にレシーブする方法
多球で苦手なレシーブ練習
ナックルのレシーブ方法
レシーブのテクニック
4球目を見据えたレシーブ
レシーブは足から
サーブの回転はどこで判断するのか?





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。