トップ > レシーブの練習方法 > サーブの回転はどこで判断するのか?

サーブの回転はどこで判断するのか。

卓球の試合中にレシーブをする際、相手のサーブは何回転がかかってるのか判断に迷う時が必ずあります。相手の回転を理解せずにレシーブすると、変な方向に飛んでいき、失点するかチャンスボールを相手に与えてしまいます。

では相手のサーブの回転はどこで見抜いているのか?
という質問に大体の人は、

・スイングの形
・ラケットへのボールの当たり方(当たる場所)
・ボールの飛び方


の3つを答えるでしょう。


あるTV番組で完全にサービススイングの体を隠して、回転がかかったボールを
レシーブするというものがありました。結果はボールの回転を見抜けず、うまくレシーブできないというものでした。

ということは、回転を判断する為に大事なのは相手のスイング当たり方が大事だということでしょう。ボールの飛び方で見抜けるのはボールのマークが見え続けるナックルくらいでしょう。相手のスイングとボールの当たり方をしっかり見てサーブの回転を見抜きましょう。

   

ちなみに相手に上の写真のような、マジックで模様を書いたボールでさまざまなサーブを出してもらい、どうゆうスイングでどんな回転のサーブなのか理解する事も練習の1つになるでしょう。

たったひとつのスイングだけで7種類のサーブを完璧にレシーブする方法





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。