卓球練習.comのトップへ > 角度打ちを身につけよう

角度打ちを身につけよう

角度打ちとは?
卓球には角度打ち(ミート打ち)という技があります。普段はドライブやツッツキというように回転をつけて打つ方法が主流ですが、時として回転をかけずにラケットの角度を調節して打ち返す方法があります。主に表ラバーの選手に多いです。

角度打ちの場面はスマッシュだったりレシーブだったりします。主に下回転に対して使うのですが、

角度打ちのポイント

・ラケットの面をやや上向きにインパクトする。
・インパクトは、はじく感覚
・ボールが落ちにくいため、ボールの頂点をとらえる
・打ったあとはラケットをかぶせるように前に振り抜く。

   ←はじめはラケットはやや上向き

です。しかし角度打ちは下回転の回転量に応じた適切なラケットの角度と、スイングスピードが重要になってきます。いわば感覚打ちだと僕は思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・角度打ちの注意点

角度打ちの難しさは打ったあとのボールの落ち方にあります。ドライブだとボールは落ちてコートに入っていきますが、角度打ちはドライブみたいに回転がかかってないのでボールは落ちにくく直線的に飛んでいくのです。その分コントロールがとても重要になってきます。
  

そしてネットより高いボールじゃないと、かなり難易度が高くなります。赤色のドライブの弾道と違い、ミート打ちのボールは回転がかかってないので直線的な弾道でボールが落ないのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・スイングの速さ

角度打ちのもう一つの注意点は、下回転に負けないスイングスピードを保つ事です。スイングが遅すぎると下回転に負けてネットにかかってしまいます。が、早すぎるとオーバーミスをしてしまうのです。的確なスイングスピードが求められます。

角度打ちにおいては何度も何度も練習した感覚に勝るものはないと思います。卓球練習で下回転を出してもらい、練習を積みましょう。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。