トップ > カットをスマッシュするときの注意点

カットをスマッシュするときの注意点

カットマンとの戦いの中で、カットボールをスマッシュ(またはスピードドライブ)できるかできないかで、試合運びは大きく変わってきます。ドライブでつなぐような戦い方では単調になってしまい、カットマンにコースをとられたり、反撃されたりという事になります。低いカットボールも、スピードのあるボールで返せるようになりましょう。

スピードのあるボールを打つためには、まずスマッシュする前の打球後のもどりを早くする事です。そうすることによって『打てる』『打とう』という判断をしっかり入れて打つことができます。

大きなフォームで粘っていると、チャンスボールが来ても、自分では間に合ってるつもりでも、打球点が落ちていたり、ボールの回転を十分に見れなかったりでミスしてしまうことが多くなります。

その他のポイントは次の5点です。


①飛んでくるボールのところに足を運ぶ。これは前の打球後のもどりが早いことによってできるようになります。

②相手の動き、スイング、ラケットの動きを見て、どんな回転をかけているかを判断する。

③ボールの頂点をインパクトする。練習ではできていても、試合になるとボールを落として打ってしまっていることがよくあります。

④ボールの動き、回転をよく見て、その回転に負けないように腕、腰、肩の速い水平的なスイングでインパクトしましょう。ボールが切れているときは、少し上へのスイングを入れ、切れていないときは、ラケットを前へ押し入れることで安定するでしょう。

⑤最初はフォームを大きくしない。変化のあるカットに対してスマッシュの確率を高めるには、小さめのバックスイングで、その分スイングの速さに力を入れましょう。


試合に勝つ為の得点力をあげるにはやはり、決めれるボールをしっかり決めることが大切になります。しっかり練習してマスターしましょう。