卓球練習.comのトップへ > カットマンのフォア前レシーブ方法

カットマンのフォア前レシーブ

カットマンのレシーブは、攻撃選手に比べ少しだけ違った点があります。もちろんサービスでも積極的にチャンスボールは攻めていきますが、難しいサービスまでも無理に攻めていくようなことはあまりしません。基本的にカットマンは守り重視なので相手のミスを誘うのがほとんどです。


フォアハンドでのレシーブ
<カットレシーブの場合>
フォアハンドでのカットレシーブの場合は、右足を前に出してのカットレシーブをします。ストレートへ返す場合はやや流し気味になり、クロスへ返す場合には左方向へカーブしていくようにサイドスピンを少しかけながらレシーブします。この場合のサイドスピンは手首の角度で行うようにします。

<ロングレシーブの場合>
軽く打つ場合は右足前でいいですが、相手のボールが高くチャンスボールだと思ってならば、左足前にきりかえて強打するのもいいでしょう。


バックハンドでのレシーブ
フォア前のサービスに対するレシーブだからといって、フォアハンドだけでレシーブする必要はありません。バックハンドで返していくと相手のフォアへ曲げて返す打ち方がやりやすく、相手を大きく動かすことができます。そうゆうレシーブを発揮したあと、相手のバックへ小さく止める技も使います。

また、バックハンドで台上でスナップをきかせてフリックレシーブをし、相手にショートさせて、それをフォアハンドのスマッシュで得点していくなどのシステム練習すると、幅の広いレシーブとなり、相手はフォア前へなかなか出してこなくなります。相手のサービスが長いサービスばかりになれば、それだけ楽に戦えるわけです。

たった一つのスイングで7種類のサーブを完璧にレシーブする方法



カットマン神プレイまとめ動画






小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。