卓球練習.comのトップへ > カットマンの練習方法 > 切るカットと切らないカットのやり方は?

切るカットと切らないカット

カットマンは、相手を揺さぶる1つの要素として、切るカットと切れないカットを使いこなせるようにならないといけません。ここでは、切るカットと切らないカットについて解説しています。


切るカットのコツ

1、振りを速くする
振りが遅いとカットがよく切れません。当たり前ですが振りを速くする事です。ラケットを振ったあとからボールが追いかける、というくらい速く振りましょう。切れば切るほど、前に飛んでいく威力が弱くなっていくので、その感覚の調整が必要になります。



2、重心をボールに乗せる
重心の外、つまり、腕を伸ばした形でカットをしないことです。体から離れた位置ではカットは切れません。インパクト時は、ヒジの角度は90度くらいで、体全体の重心が乗ってないといけないですが、この条件を満たすのは、右利きフォアカットの場合、だいたい右足の前あたりになります。



3、手首を使う
よく切れたカットを『ブチギレカット』『ゴリギレカット』『ブツ切りカット』などと言いますが、このカットができる選手は例外なく、振りが速くて、インパクトの時に手首をするどく使います。下の図のように、切るカットは円を描くようにスイングします。






切らないカット
切れるカットの逆です。振りを遅く、手首を使わずに降るので、上の図のように、スイングも直線的になります。



カットマン神プレイまとめ






小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。