卓球練習.comのトップへ > ループドライブやスマッシュをカットで返すには?

ループドライブをカットで返す方法

カットマンの悩みで、『回転のかかったループドライブをカットすると、オーバーミスしてしまう』という事をよく聞きますが、ループドライブがオーバーミスしてしまう原因は、強烈な前進回転がかかっているからです。
    

上の図のように、同じ角度でカットしても、前進回転の強いループドライブのほうが、ボールが上にはじかれるのでオーバーミスしてしまうのです。そこで、ここから3つの解決策を解説していきます。


①ラケットを立てる
解決するための1つのポイントは、下の図のように、ラケットの角度を立てる事で、ボールが上に飛ばないようにする事ができます。
      

ただし相手の回転が強いと、この方法だけでは低いカットにはなかなかなりません。その次にできる解決策は、打球点を落とす事です。


②打球点を落とす
下の図のように、打球点を落とすことによって、低いボールで返すことができるのでオーバーミスしにくくなります。プロの選手が床スレスレでカットしているシーンを見たことあると思いますが、わざと打球点を落としているからです。
   


③スイングスピードを速くする
相手はループドライブで前進回転をかける時、すごく速いスイングをします。こっちもそれに負けない速さでスイングでカットをすれば、打球点を落とさなくても低いカットを入れることができます。

下の図のようにスイングスピードを変えることによって、ボールの高さを調節することができます。
   

1番マスターして欲しいのがこの3つめのスイング感覚です。このスイングスピードで返球の高さを調節できるようになれば、切るカットと、切らないカットを打つことができるようになります。

カットの振りを速くすることは、切るカットをするためにも、ループをうまく返すためにも必要なスキルです。


   

スマッシュをカットで返す方法

ご存知の通り、相手のスマッシュを的確に返球することはカットでなくても難しい技術です。ここではスマッシュをカットするときに意識したい3つのポイントを解説していきます。


すばやく大きくさがる
まず、スマッシュボールの飛び方には2つの特徴があります。

1、ボールがとても速く飛んでくること
2、バウンドの頂点が後ろへ大きくズレてくること

なので、理想的な打球点が台から3mくらいの位置になることです。その打球点をとらえるために、すばやく大きく斜めうしろにさがることが大切になってきます。

バックカットなら右足で地面を強くけり、左足からうしろにさがります。フォアカットの場合は、左足でけり、右足からさがります。



バックスイングは小さく
うしろに速くさがれても、バックスイングが間に合わないとスマッシュをカットで返すことができません。スマッシュのバックスイングは、高くても肩以上は絶対にあげない事です。



ボールを押すようにフォロースルー
台から離れた位置からカットするので、フォロースルーでボールを切りながら、前へ押すようなイメージで打ちましょう。スイングの方向も床に対して水平になります。カットの場合は、十分にラケットにボールを引きつけて打つことも大切です。



その他
ストップからスマッシュをされ、さがるのが遅れてしまった時は、無理にカットで返球しようと思わず、ブロックでコースをつくことを考えてもいいでしょう。



カットマン神プレイまとめ






小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。