卓球練習.comのトップへ > カットマンのストップ

カットマンのストップ処理

カットマンはカットで返球したあと、常に『ストップしてくるかもしれない』ということを意識しないといけないです。上手い選手は当然のように前後に揺さぶってくるので、ストップをカットの合間にいれてくるでしょう。カットマンは台から離れたプレーをすることが多いので、この意識を持ってプレーをしていないと、いざという時に間に合いません。

ここではカットマンのストップについて解説しています。


左足で地面をけって大きく素早く前進
相手のストップのタイミングで多いのは、こちらが台から離れている時、または強打を警戒してうしろにさがろうとした時です。なので、ストップに入る時には、すばやく大きく前進することが必要です。

そのためには左足(右利きの場合)で地面を全力でけって、大きなステップで右足から踏み込み、バックカットの形でストップします。この時に、重心は右足にしっかり移すことでストップ後の戻りも早くできます。


相手の思い通りにはさせないために
次に、相手のストップの目的ですが、ストップそのもので得点をねらうこともありますが、それよりも次の強打で得点をねらっているほうが多いです。なので、ストップがあまいと、相手のねらいどうりになって強打してきます。そうならないためには、次の点に気をつけましょう。

・打球点
普段の落ち際の打点とは違い、台上での打点は頂点付近を意識しましょう。理由はフリックなどで攻撃もできるし、カットでストップをするにしても回転をかけやすいので、相手の強打を防ぐ『威力のあるカット』ができるからです。

・コース、深さ、回転に変化をつける
バックサイドを切るコース、ネットぎわに小さく返す、ガツンと切る、スキあればフリック、などの方法をおりまぜて、次の強打を浴びないようにしましょう。そのためにも打球点は頂点で打てるようにしましょう。


世界トップクラスのカットマンである朱世赫(ジュセヒョク)選手も、このストップに対する反応が、ものすごく早いしいろんなバリエーションがあります。前後のフットワーク練習で、大きく前へのステップを素早くできるようになりましょう。


カットマン神プレイまとめ動画






小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。