卓球練習.comのトップへ > カットの基本と打ち方

カットの打ち方

カットマンは、シェークハンドの両面を使いこなし、相手の猛攻撃をかろやかにカットで防ぎ、スキあればカウンターを仕掛け決定打を決める、そんな華麗な身のこなしにあこがれて目指し始める人も多いでしょう。

ここではカットマンの打ち方と基本を解説していきます。


スタンス(立ち方)
カットマンの基本の立ち方は平行足か右利きの場合、右足前です。

右利きのカットマンのバックハンドカットだったら右足前、フォアハンドカットだったら左足前のスタンスです。(クローズドスタンス)

その理由はカットする相手の打球は、ドライブなどのトップスピンのボールが多く、そのボールをしっかりおさえこむには、このクローズドスタンスが有効です。


飛んでくるボールの回転や変化を見きわめる
理想的な打球点を判断する為に、スピードや方向、回転を見きわめる事が大切です。この見きわめがあまいため、いいかげんか打球点でカットしてミスしている、という人がおおぜいいます。

カットの理想的な打球点は、カットマンのタイプや、相手のボールによってもちがいますが、基本的に頂点をすぎた後のD~E点の間が理想になります。


その理由の1つは、攻撃と結びつけやすい打球点だかです。

カットマンで勝つ為には、必ず攻撃に結びつける事が必要で、攻撃せずにカットだけで勝ち続ける事は不可能です。その為には、台から離れすぎるF点でカットしてしまうと、ストップへの対応や、チャンスボールがきても攻撃に転じることができないか、できても、とてもむずかしくなります。なので1歩踏み出せば攻撃できるD~E点がベストです。


2つめの理由は、下の図のように、打球点が遅すぎると、前後左右への動く範囲がとても広くなってしまいますので、スタミナ的にも、フットワーク的にも厳しくなります。
      

このような理由で、早すぎず、遅すぎない理想の打球点を判断する為には、練習の積み重ねで反射的に分かるようになります。そうしたら、その位置でカットできるように足を運びます。フットワークは小きざみに、早く、正確に行います。

例えば、高くて速いボールをカットするとき、この打球点を意識せずに打球してしまうと、手打ちになって安定したボールを打つことができなくなります。この時は、そのままの位置でカットするのではなく、すばやく1歩さがらないといけません。

こういったように、日頃から常に打球点を意識してカットの練習をしましょう。


バックスイング
フォアカット、バックカットのバックスイングは肩の高さが基本です。頭付近まで振り上げると、フォームが大きくなりすぎて、速いボールに反応できなくなります。手首を立てて、ラケットの先端を上向きにします。ラケット面が外向きになったり、ラケットの先端が下がったりしないように気をつけましょう。


スイングとインパクト
インパクトは体から離れすぎず、近すぎない距離でワキは開かずに、ヒジを使ってボールを切ります。ヒジは体の前を保ち、体の横やななめうしろで打球しないようにしましょう。

カットでしっかりボールを安定させて飛ばすには、飛んできたボールを引きつけ体重移動体をしながらボールをしっかりおさえこみましょう。カットの正確さや変化を増すにためには、スイングはできるだけ速いことが大切で、1番振りの速いところでインパクトします。

スイングの方向は、相手の打球のスピードや回転、それと自分の台からの位置や打球点の高さなどによって違います。初心者が行うときの基本は45度斜め下へ向かってスイングしましょう。

体重移動はバックカットの場合、左足から右足に体重をかけ、フォアカットでは右足から左足に体重移動しながら打球しましょう。


フォロースルー
台からさがればさがるほど、フォーロースルーを大きくして、『押し』をしっかりしないと深い、いいカットが入りません。前でカットする時は小さくしましょう。


基本姿勢にもどる
打ち終わると基本姿勢にもどって、次のボールに備えましょう。


カットマン神プレイまとめ






小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。