卓球練習.comのトップへ > カットレシーブがオーバーしてしまう原因と改善点

カットレシーブがオーバーしてしまう・・・

カットマンのレシーブは、相手のサービスを見分け、ボールの長さ、回転量を読み、適切な対応をしないといけません。しかしなかなかレシーブがうまくできずにカットレシーブがオーバーしてしまうという悩みが多く寄せられました。

その原因は、

・ラケット面が上向きすぎる。
・ラケットを下から上へ降っている。
・強く当てすぎている。
・振りが遅い。
・強く降りすぎている。
・ラケットが弾みすぎている。
・姿勢が低い。


などが考えられます。

一つずつ整理していきましょう。


・ラケット面が上向きすぎる。
ラケットが上向きだと、ボールの反発方向が上向きになり、山なりなボールになりすぎてオーバーミスしやすくなります。また、入っても高いボールになり、強打されやすいでしょう。


・ラケットを下から上に降っている。
バックスイングの位置や、ラケットを構えている位置が低すぎる事が原因で起こります。出来るだけ高い位置(だいたいみぞおち付近)に構え、高く引き、前方の下へ振り下ろすようにしましょう。


・強く当てすぎている。
もちろん当てる事は重要なことですが、ボールが飛んできた方向に強くラケットを当てすぎると反発力でオーバーミスの原因となります。当てる力を少し切る力に切り替えましょう。


・振りが遅い。
バックスイングが足りず、振るスピードがないうちに当ると、ボールの反発力に負けてしまい、オーバーミスしてしまいます。

特にカットマンがオーバーミスをしてしまうのは、相手の強打です。バックスイングが遅れている事が原因でオーバーミスしている場合が多いです。強打された時は早くバックスイングを取りましょう。


・強く降りすぎている。
緊張して固くなり、いつもより降りすぎている事が原因でオーバーミスしている事もあります。グリップを柔らかく握り、肩の力を抜き、柔らかいコントロールを意識しましょう。


・ラケットが弾みすぎている。
弾みすぎるラケットを使うとコントロールが難しいです。しかしその分、台から離れた場所でのカットは楽になります。

あまり弾まないラケットに慣れてしまうと、打っても威力がありません。

最初は難しくても、コントロール感覚を身につける為に、弾むラケットでカットし続ける事も1つの手でしょう。


・姿勢が低い。
姿勢が低いと、ボールを上から押さえつけるスイングがしにくくなります。特にミドルに来たボールは角度が取りにくく、オーバーミスしやすい。高い位置でスイングできる姿勢をとりましょう。



以上の事をひとつひとつ見てみると、なぜオーバーミスしてしまうか判断できるようになるでしょう。試合中はあせらず、これらを冷静に分析しましょう。


カットマン神プレイまとめ






小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。