卓球練習.comのトップへ > カウンター練習方法

カウンターの打ち方

カウンターは相手の攻撃に揺さぶりをかける技術です。ブロックだけでは相手は安心してドンドン攻撃を仕掛けてきます。甘いドライブはカウンターで返す事で、相手は甘い球を打てず、こちらの試合を有利に持っていく事ができます。

カウンターする時の注意点
・まずは相手が打ってくる(3球目などの)コースを読む事、できるだけ相手の攻撃パターンを読む。(全てのボールをカウンターすることはできないので)

・相手にできるだけ中途半端に打たせることが大事
(相手の100%のボールをカウンターすることは難しい)


カウンターの打ち方
カウンターの打ち方は2種類あり、ドライブでカウンターするのか、ブロックで強打する方法があります。


ブロックカウンターの練習方法

ドライブのカウンター練習
1、 バックにドライブラリーしてもらう。ブロックで対応。
2、 甘いドライブをフォア側にカウンターブロック。
3、その後ラリー

ループドライブのカウンター練習1
1、 バック側に下回転ロングサーブを出す。
2、 回り込んでループドライブをバックに打ってもらう。
3、 フォア側にカウンター。

ループドライブのカウンター練習2
1、ショートサーブを出す
2、バック側にツッツキ
3、バック側にドライブ
4、フォア側にストレートカウンター


ブロックカウンターのコツ
・ヘッドを上気味にラケットを少し立てる。

・相手のボールの力を使い、打点は球の頂点か頂点前で
(頂点後は回転に影響されやすい)

・角度はドライブの回転によって変える。
(相手がループドライブのような回転量のある球で返球してきたときは、ラケットをかぶせる必要があります。)

・縦回転の軸を少しずらし、横回転を入れるとオーバーミスしにくくなります。

・スイングはあまり大きくしすぎない。

ドライブカウンターの練習方法

ドライブカウンターの打ち方
・少し後ろにさがる
・ボールの上をこする。
・バックスイングが大きすぎるとタイミングを合わせられない。
・腕だけでスイングしない。
・大振りになると次の対応が遅れる。

ドライブカウンター練習1
1、 下回転サーブを出してもらう。
2、 バック側にツッツキレシーブ
3、 フォア側にドライブしてもらう。
4、クロスにドライブカウンター。






小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。