卓球練習.comのトップへ > 卓球の基本姿勢

基本姿勢(ニュートラル)とは

基本姿勢とは、レシーブの時や、ボールを打ったあと相手のボールを待つ時の姿勢です。決まった姿勢はなく、選手によって基本姿勢それぞれ微妙に異なります。しかし、最低限大事なポイントはあります。まずは意識しながら自分の基本姿勢を考えましょう。
        

基本姿勢のポイント

・スタンス(足幅)
動きやすく、安定性がある事がスタンスの条件です。広すぎると次の反応が動きにくいし、狭すぎると安定しないからです。目安は、肩幅より少し広めです。

・左右の重心
左右どちらにも動けるように、均等に体重を分配しておきましょう。

・前後の重心

前後左右いつでも動けるように、少しつま先に体重を置いておくのが目安です。

・前傾角度
やや前に傾けるのが目安。傾けすぎていたり、突っ立った状態だと、とっさに動きにくくなる。

・ヒザの角度
軽く曲げるくらいが目安ですが、自分が一番動きやすいと思う角度を保ちましょう。


以上、

基本的なスタンスを紹介しましたが、自分なりのベストの構えを見つけましょう。


フォームを作る時の注意点

新しいフォームを作るときは、どんなフォームでどんなボールを打ちたいのか、のイメージを固める事が大事です。『こんなフォームにしよう』というイメージを頭の中で描きながら鏡に向かって素振りを繰り返し、固めたイメージを自分の目を通してチェックし、確認することです。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。