卓球練習.comのトップへ > 回り込みをマスターしよう!

回り込みとは?

回り込みとは、バック側に来たボールをフォアハンドで打つためのフットワークの動きのことです。

   

試合中にバック側に来たボールを、全てバックハンドでさばく選手は、守りの選手以外ほとんどいないでしょう。卓球において先に攻めることはとても大切です。回り込んで3球目というシーンはプロの選手の試合でもよく見られます。

回り込みとは、『回り』と『踏み込み』の2つから成り立ってる技術です。なので、回りを素早く、踏み込みを十分に行うことが大事です。

回り込んだのはいいが、しっかり踏み込むことができていないと、力のあるボールが打てずに終わってしまいます。踏み込みがないと、せっかく攻める為に回り込みをした意味がなくなるのです。



なぜ回り込みをするのか?
安定性も、パワーでもバックハンドよりもフォアハンドの方が優れているからです。そして、回り込むことで相手に『攻撃するぞ』という積極的なプレッシャーを与えることができるのです。

回り込みはレシーブの場合でも有効です。回り込んで攻撃すると見せかけてストップもできるし、フリックもできます。甘いサーブはドライブで攻めることもできます。プレイ領域とレシーブの幅を増やすこともできるわけです。



回り込みのステップ方法
  
回り込みのステップは上の図のとおりです。

ほぼ両足同時に左に少し飛ぶような感覚でステップしながら、バックスイングを取る。このとき軽く右足に重心を持ってきておく。

②左足を前に踏み込むと同時にスイング。この踏み込みで左足に体重を移す。気持ち音を鳴らすくらいが、踏み込みを意識できるのでよい。




回り込みで必要なこと
回り込みの基本は瞬発力とフットワークでしょう。回り込みをするとき、相手も逆をついてくることもあるでしょう。ボールを判断する瞬発力と、素早くフォアを正面で打てるスタンスに入るフットワーク力が必要になります。フットワーク練習と、瞬発力をあげる練習をしましょう。



回り込み練習例
回り込みで効果的な練習は、お互いバック側でのツッツキ対ツッツキから回り込んでドライブで打つ、という練習から始めましょう。試合中『下回転ボールを回り込んで打つ』という場面が多いので、実践的な練習になるからです。

回り込まない人はドライブされたらフォアへブロックしましょう。そうすると必然的に飛びつきをすることになるので、飛びつきを覚えるためです。


回り込んでからの飛びつき練習
レベルが上がってくると、回り込みドライブをフォア側にブロックされる場面が増えます。その為、回り込み後フォアへの飛びつきができるように練習をしましょう。

卓球はフットワークが命と言われているのはこういうことです。結局強くなるためにはフットワーク練習が欠かせないです。

卓球はフットワークが1番大切であり、
実はそのフットワーク練習が1番ハードです。

プレー領域の幅を増やし強くなるために、毎日しっかり反復してフットワーク練習を行いましょう。




小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。