卓球練習.comのトップへ > レシーブの練習方法 > ナックルのレシーブ方法

ナックルに対するレシーブ

ナックルとは、無回転状態のボールのことで、垂直にボールをあてるだけでは落ちてしまい、ラケットを上に向けすぎるとチャンスボールになってしまいます。うち慣れていない人にとっては調節が難しいボールでしょう。

   

僕も昔、ナックルレシーブに慣れず、ナックルに対してレシーブする際、オーバーミスしたり、ネットに引っかかるミスをしてしまうことがありました。

ナックルサービスの対処方は、まず相手のサービスがナックルであると見抜くことが先決です。ナックルサービスは下回転サービスと同じフォームで出してくることが多く、判断がとても難しいです。相手のラケットのどの位置でインパクトしているのかよく見ることが大事です。

下回転サーブの場合ボールをすくい上げるように打ってくるが、ナックルはボールの下側をあてて押し出すようなスイングになります。またナックルは無回転なので空気抵抗で揺れながら飛んできたり、ボールのマークがずっと見え続けているので下回転と区別できます。

ナックルレシーブは、まずラケットをやや上向きにして体全体で押し出すように頂点でインパクトするといいです。ナックルボールで返るので、ボールはしずむように返球できます。ラケットを上向けすぎたり、インパクトが強すぎたりするとオーバーしてしまうので気をつけましょう。

台からはみ出るナックルボールには、積極的にドライブレシーブで先に攻めるのも1つの手です。打ち慣れてくるとコースも考えながらレシーブできるようになりましょう。




小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。