卓球練習.comのトップへ > 表ソフトでのレシーブ時の打球点

表ソフトでのレシーブ時の打球点

表ラバーを使ってる人は、できるだけ速い打球点を意識しているでしょう。そんな表ソフトラバーでのレシーブはどの打球点で打つべきなのかについて少し考えて行きたいと思います。

表ラバーは、ラケットから出ていくスピードが速いこととスマッシュが打ちやすいのが強みですが、逆に裏ラバーと比較すると、ドライブをした時は回転はかからず、したがって回転をかけることでの安定性の期待は持てないでしょう。

裏ラバーの場合、打球点が少し落ちてもドライブすることでスピードも出るし安定したボールが打てますが、表ラバーの場合は打点を落とすと回転もかけづらいのでスピードを出すことが難しくなります。

表ラバーの最大限に活かす事を考えるなら、回転よりも相手のコートに早く返す事を目標にして試合を組み立てるといいでしょう。

したがって、表ラバーの打球点は頂点か、頂点前になります。できるならレシーブの時もライジングで狙っていけばいいでしょう。しかし、ときによってライジングがねらいにくい場面もあるでしょう。目安としては次のようになるでしょう。
  

・ツッツキレシーブはA~B
・横回転レシーブはB~C
・ストップレシーブはA
・上回転サービスに対してのハーフボレーレシーブはB
・チャンスボールはCで強打





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。