卓球練習.comのトップへ > サービスの基本(打ち方、回転) > 王子サーブ

王子サーブ

昔の福原愛選手、松平健太選手などがやっているサーブの一つに王子サーブというしゃがみこみサーブがあります。ハイトスした高い地点から落下するボールの力をしゃがみこみながら切るという大胆なサーブだが、見たとおり下半身の脚力とボールにコントロールよく回転をかける高い技術が必要になります。ラケットの外側でボールを切り、とてもコントロールが難しいですが、回転量のあるボールを出すことができます。

 

王子サーブの由来
王子サーブの由来は大阪の王子卓球センターの指導者が考案したサーブなので、そのまま王子サーブと名付けられたみたいです。王子サーブの特徴は、テニスのサーブに似ている。試合の局面で使うことができれば、相手にとって脅威になるでしょう。


王子サーブの強みと弱点
王子サーブの強みは強烈な回転でしょう。レシーブが苦手な選手には驚異的なサービスになることは間違いないでしょう。しかし、王子サーブには弱点もあります。
それはロングサーブになることが多く、相手に強打レシーブを許してしまうことでしょう。相手がレシーブミスをせずに返ってきたボールは強烈な回転がかかっているので逆に脅威になってしまう恐れがあるのです。しかししっかり3球目までの展開を意識し、練習を重ねることができればとても強い技になるでしょう。現に松平健太選手が世界を相手に使っているサーブなのですから。

王子サーブ練習方法
王子サーブのグリップは、人差し指と中指でラケットを挟みます。
高いトスをあげ、ラケットを上向きにして落ちてくるボールに上から下に縦にスイングしながらラケットの外側でボールを切ります。しゃがみこみながらボールをしっかり見て、切る打点とボールを落とす場所に注意しましょう。しゃがみこんで打つのではなく、しゃがみこむ力を利用してしゃがみこみながら打つことを意識しましょう。この切る瞬間のタイミングがとても大事になります。




小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。