卓球練習.comのトップへ > ペンでもバックハンドループドライブはできるのか?

ペンホルダーでバックハンドループ・・・?

シェークハンドと比べて、ペンホルダーでのバックハンドループは、手首の動かせる範囲が狭いため難しいです。

ループドライブはある一定以上回転がかかってはじめて攻撃性を持ちます。そして、相手に受けのショートやブロックをさせる効果があります。

ペンの場合は、体をひねらないといけなくなる為、肩やヒジのスイングスピードにずいぶん頼らないと、一定の安定したスピードにならない弱点があります。

中ペンの場合は、体をひねらなくていいため、比較的シェークハンドと変わらないイメージで打つことができます。

今まで、日本式ペンでループドライブを打つ人は見たことがないですが、もし興味があるのでしたら、参考はありませんが、研究してみてはいかがでしょうか?新しいペンの戦い方をあみだすことができるかもしれませんね。

中ペンでのバックハンドループで一番大事なのは、インパクト時に体をそらすことでしょう。ボールをこすり上げる為に、ラケットに角度を作る方法として、どうしても体をそらして打つようになります。

馬琳選手の動画などを参考にして見てください。




小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。