卓球練習.comのトップへ > バックハンドでラケットが体に当たってしまう

バックハンドでラケットが体に当たるのは?

バックハンドのスイングが体に当たってしまう。という悩みがある方がいましたが、ほとんど気にすることはありません。手を後ろに引けば引くほど、体にぶつかることになります。それだけ大きなテイクバックができているということです。

しかし、ストロークを打つときに、体を左側にひねらずにラケットを引くと、体に当たってしまいます。この場合シェークでもペンでもいい傾向ではありません。ボールの飛んでくる線と平行に肩線(右肩前、左肩うしろ)くらいに体をひねります。体をひねっただけでもダメなら、スタンスも右足を少し前にします。

ただし、シェイクの前陣でのバックハンドでは、打球点が体のずっと前になりますので、あまり大きな体をひねる必要はありません。むしろ打球点を体に近づけすぎないように注意すれば、ラケットが体に当たることはなくなるでしょう。




小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。