卓球練習.comのトップへ > 卓球の基礎知識 > ラケットの握り方

ラケットの握り方

まずはラケットを握ることから始めましょう。たかがグリップと考えておろそかにしてはいけません。はじめに間違った握り方を覚えてしまうとなかなか悪いクセが抜けずに上達のさまたげになる。正しい握り方を覚えましょう。

シェークハンド、ペンホルダー中国式ペンなどラケットによって握り方が違います。ここでは各ラケットの正しい握り方をご紹介します。


・シェークハンド
握手するように握る。人差し指は伸ばす。親指と人差し指がそれぞれ反対の面にかかるのが特徴。シェイクハンドのメリットはやはり両面が使えるということ。バックサイドの深いボールの処理がペンに比べて楽です。





・ペンホルダー、中国式ペン
ペンを持つように握る。ウラ面は中指、薬指、小指はそろえて支える。手のひらとラケットの間に卵を握るようにすきまを作りましょう。『握る』というと、グッと力を入れて握ればいいと思ってる人がいるが、とんでもない間違いです。強く握るのはインパクト(ボールを打つ瞬間)だけです。ペンホルダーは台上処理に優れています。スナップ(手首の動き)をやわらかく使いましょう。







小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。