卓球練習.comのトップへ > レシーブの練習方法 > レシーブは足から

レシーブは足から

レシーバーになった時、安全に返そうという気持ちが起こるものですが、レシーブは決して守備的のものとして考えてはいけません。もちろん相手のサーブを確実にリターンする事は大切ですが、レシーバーに立ったの気持ちは『攻撃する』という気持ちで構えることを忘れないで下さい。

相手のサービスがいつチャンスボールでくるかも、高いボールで来るかも分かりません。守備的な気持ちでいたら、本来打てるはずのボールも打つことができず、打点がずれてミスにつながってしまうかもしれないからです。

そして相手のサーブのインパクトの瞬間と、コースを見極めて、まずは足からレシーブに向かうことを意識しましょう。手からレシーブに入ってしまうと、手打ちになったり、バランスのない体勢になり不安定です。足でまずはボールに体を寄せ、しっかりとしたコースに体を持っていくことを考えましょう。


おさらい
・レシーブは攻撃するという姿勢で構える。
・レシーブは足から入る。


普段の練習からこの事を気にかけて練習しておきましょう。もちろん意識は攻撃ですが、無理に厳しいボールを打たないことも大事です。まずはバック側のボールも、回り込んでフォアハンドでレシーブできるようになりましょう。フォアのツッツキ、フリック、順回転、逆回転、ドライブなど多くの種類があるほどいいです。ツッツキとフリック、ドライブくらいはできると有利です。

フォアハンドでレシーブすることによって、相手にプレッシャーを与えることができます。意識して練習に取り入れてみてください。


レシーブ関連記事
たった1つのスイングで、完璧にレシーブする方法
ナックルのレシーブ方法
レシーブのテクニック
4球目を見据えたレシーブ
多球で苦手なレシーブ練習
サーブの回転はどこで判断するのか?
レシーブの構えの基本は?
レシーブミスを少なくするには?
ドライブレシーブからの攻撃練習
ツッツキレシーブからの攻撃練習
ストップレシーブからの攻撃練習




小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。