卓球練習.comのトップへ > レシーブの構えの基本

レシーブの構え

レシーブの構えの基本は3点あります。

①バランス
左右、そして前の3方向の動きが中心になりますが、長いサービスに対してはうしろへの動きもあります。なので左、右、前、うしろの4方向へいつでもスタートがきれるようなバランスのいい姿勢を工夫することが大切です。

②高い重心
早いスタートは高い重心から生まれます。レシーブはどんなに動いても1.5mくらいですので、低い重心で構えていると、動き出しが遅くなります。

③自分の得意な技術に適した姿勢
レシーブの姿勢は、普段のプレー中の姿勢とは違います。
レシーブ前は、高い重心の姿勢ですが、打球位置に移動した場合、すぐに主要技術を
使いやすい姿勢に変わらないといけません。例えばドライブマンの人ならば、やや低い足を開いた重心の低い姿勢で打球するはずです。なので、レシーブ前の構えと、打球位置での構えは人それぞれ違うということになるのです。


以上の3点をふまえて、レシーブの姿勢をアレンジしてみるといいでしょう。

回転サーブをレシーブする時の注意点

①位置の調整
下回転サーブが切れている場合は、バウンドが短くなります、下向きの反発が強くなります。なので、必ず体をボールによせてレシーブするようにしましょう。切れてなかったら遠く、切れていたら近く、という前後の位置を調整しましょう。


②ラケットのテイクバックの位置
ラケットのスイングスタートの高さの調整は、切れてたら低く、切れてなければ高くします。サービスが切れている時は、フォアドライブもバックドライブも、自分のひざのあたりまでラケットをテイクバックするつもりで構えると、うまく返ります。

ツッツキで返す場合、切れている時は台とネットの間くらいの高さでラケットを構えます。切れてない時は、ネットと同じ高さにラケットを構え、ドライブは、台と同じくらいの高さからラケットを振り始めます。


③姿勢の調整
切れていたら低い姿勢、切れていなければ高い姿勢を、ひざをうまく使って調整しましょう。


④動きの調整
体全体の動きは、切れている時は斜め上へ、切れてなければ前方向に動かします。
ラケットの動きは、切れている場合はラケットの面を立てて、ややすくいぎみに打ち、切れてない場合にはラケットの面をややかぶせて、ネットの上をめがけるように振り抜きましょう。


回転サーブをレシーブする時の注意点

①打球点
横回転サーブをレシーブする時は、打点を落とせば落とすほど、回転の影響を受けやすくなるので不利になります。例外の場合もありますが、基本的にできるだけ頂点、あるいはそれ以前のタイミングで打つようにすればレシーブしやすくなります。


②位置の調整
横回転サーブだと判断したら、何をおいても突っ込む気持ちで前に出ることです。そして頂点を捉えて打つようにしましょう。


③姿勢の調整
横回転サーブは下回転サーブと違って、高い姿勢を取ることです。つま先で伸び上がるような気持ちで高い位置を確保し、ラケットも上から持っていくようにします。


④ラケットの角度の調整
ラケットの角度は、必ず下を向けて、ボールの北半球に当てるようにしましょう。横回転のかかり具合にもよりますが、少し上回転ぎみのサーブの場合は特にボールの上の方をたたくつもりで打つことが大切です。


⑤ラケットの動き
脇の下くらいにラケットを構えるようなテイクバックをします。意識をしては高い感じになります。そこから短い振りで、ボールの頭の上を振り切るようなつもりで打ってください。(横回転のボールは上の方を当てれば回転に影響されづらい)

またラケットの動かし方の方向については、回転のメカニズムを図で理解しやすくまとめていますので、参考にしてみて下さい。


横下回転サーブをレシーブする時の注意点

①打球点
台上で2バウンドすると思うボールには頂点前でレシーブします。左右の角度を合わせ、ボールの下にラケットを置き、ボールが上に乗ったら前に押し出しましょう。

相手は横下回転を出す場合、次にドライブを打とう、カットをしよう、という意図があることが多いです。相手はロングボールが返ってくることを狙っています。なので、こっちも2バウンドするレシーブをすることができれば、たいていの相手は3球目のペースが狂い、ツッツキが大きくなります。そのボールを自分が先に攻めればいいわけです。なので横下回転のサーブに対しては、小さく返せることがまず大切です。

長い横下回転サーブには、ドライブかカットでレシーブするわけですが、この場合ドライブは頂点を、カットは頂点か頂点後すぐを目標打点にしましょう。


②位置の調整
標準的な位置の取り方でいいですが、少しボールが曲がってくるので、左右の位置をうまく合わせるようにしましょう。


③姿勢の調整
横下回転の場合には標準的な姿勢の高さでレシーブをします。


④ラケットの角度の調整
横回転サーブであると同時に、下回転サーブなので、やや上向きの下回転に対する角度を保った上で、相手の横回転の回転に合わせた角度をつくる必要があります。

順回転レシーブ、逆回転レシーブ、角度レシーブがあるのですが、横下回転の場合、下回転の角度も考えないといけないので、角度をつくるレシーブが一番とっさに判断しやすいので分かりやすいでしょう。回転のメカニズムを参考にして、鏡レシーブをマスターしましょう。

レシーブに関する記事

たった1つのスイングで、完璧にレシーブする方法
ナックルのレシーブ方法
レシーブのテクニック
4球目を見据えたレシーブ
レシーブは足から
多球で苦手なレシーブ練習
サーブの回転はどこで判断するのか?
レシーブミスを少なくするには?
ドライブレシーブからの攻撃練習
ツッツキレシーブからの攻撃練習
ストップレシーブからの攻撃練習




小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。