卓球練習.comのトップへ > レシーブの練習方法 > 多球で苦手なレシーブ練習

多球で苦手なレシーブ練習

苦手なレシーブがある場合、沢山のボールを使ってを集中的に練習をしましょう。試合で返せなかったレシーブを思い出しながら、反復して練習する事によって、しっかりサーブの回転を理解し、苦手なレシーブを克服しましょう。

ここでは、レシーブ力をつける為の練習方法を紹介します。苦手なレシーブを攻略してレシーブからの攻撃力をつけましょう。

・多球でレシーブ集中練習

1、苦手なサービスを何度も出してもらう。
2、順回転、逆回転、ストップ、ツッツキ、フリックのうち、最低でも2つの返球方法ができるようになりましょう。

レシーブしたボールは無視して、レシーブだけを集中してひたすら練習しましょう。

・多球でレシーブ見きわめ練習

1、サーバーはエンドラインギリギリに2バウンドするサービスを出す。
2、レシーバーはサービスの長さを見極めて、2バウンドの短いボールはストップ、台から出るボールはドライブする。
3、ドライブに対してブロック、ストップが甘ければ攻撃する。


最後に
2バウンド目が台から出るか出ないのかを見きわめる力はとても重要になってきます。そしてギリギリ出るボールへのドライブ対応も大事です。これはダブルスのレシーブ練習にも役にたちます。特にダブルスのサーブではコースが決まっているので、ギリギリはみ出すボールは積極的に攻めていく事ができます。しっかり対応できるようになりましょう。


レシーブ関連記事
ナックルのレシーブ方法
レシーブのテクニック
4球目を見据えたレシーブ
レシーブは足から
多球で苦手なレシーブ練習
サーブの回転はどこで判断するのか?
レシーブの構えの基本は?
レシーブミスを少なくするには?
ドライブレシーブからの攻撃練習
ツッツキレシーブからの攻撃練習
ストップレシーブからの攻撃練習
たった1つのスイングで、完璧にレシーブする方法




小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。