卓球練習.comのトップへ > レシーブの練習方法 > レシーブのテクニック

レシーブの実践的なテクニック

サービスが相手への“奉仕”であってはならないように、レシーブも“受け”にとどまっていては、いつまでたっても初心者のままで終わってしまいます。レシーブで点を決める!くらいの積極的な気持ちでレシーブに練習に挑みましょう。

ここではレシーブに関する4つのテクニックを解説しています。


1、長いサーブには長いレシーブを。
まず基本は、長いサービスは長いレシーブで、短いサーブには短いレシーブで返すことです。これがボールの力に反しないレシーブ方法で、ごく普通な理屈です。まずはこの理屈に逆らわず確実に返球すること、ミスをなくすことから始めましょう。


2、逆をつく
1で述べたことと反対の事をやる事が、相手の逆をつく方法の1つです。1だけではワンパターンで上達は見込めません。1がしっかり身についてから相手の逆を突くことを考えましょう。スピードサーブをストップでレシーブしたり、ショートサーブを強打で長くレシーブしたりすると効果的です。


3、相手を左右に揺さぶる
相手がいろポジションと反対側にレシーブするのが大原則です。例えば相手がバック側にいるならフォア側を狙い、フォア側にいるならバック側を狙いましょう。では相手がミドルにいたらどうでしょう?そういう場合はそのままミドルに打つのも手です。ミドルボールはスイングがしにくく、案外打ちにくいのです。


4、相手を前後に揺さぶる
左右だけでも効果的ですが、それに加えて前後の揺さぶりを与えるとさらに効果的です。相手がコートについているときはロングレシーブで相手を後退させ、逆にコートから離れている時はショートに打って相手をネットにつかせる。左右のフットワークは軽快でも、前後の動きはしんどかったりします。前後の揺さぶりは相手のミスを誘います。


レシーブをマスターすれば、まず初心者には負けないでしょう。相手の逆をつくことができれば、本来サーバー側にある試合の主導権を握ることができるはずです。軽快なレシーブは相手にとって驚異になりますのでしっかり練習しましょう。


レシーブ関連記事
ナックルのレシーブ方法
4球目を見据えたレシーブ
レシーブは足から
多球で苦手なレシーブ練習
サーブの回転はどこで判断するのか?
レシーブの構えの基本は?
レシーブミスを少なくするには?
ドライブレシーブからの攻撃練習
ツッツキレシーブからの攻撃練習
ストップレシーブからの攻撃練習
たった1つのスイングで、完璧にレシーブする方法




小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。