卓球練習.comのトップへ > レシーブの回り込み

レシーブは回り込んで打つ?それともツッツキ?

バック側に来たサーブをレシーブする時に、『回り込んで打ったほうがいいか?それともツッツキがいいか?』という質問が多く寄せられますが、その答えは、戦型や戦術にもよります。

ロング主戦の中学生の場合は、負けてもいいので、回り込んで打ち、回り込みを磨きましょう。

はじめは慣れないので、ミスをして負ける事もあるかもしれませんが、回り込みレシーブを磨いていくうちにミスも少なくなり、フォアストレートに決める事ができるようになったり、まわり込んだ後のフォアへの飛びつきも自ずと上達します。

そうなると相手にレシーブからプレッシャーを与える事ができるようになり、相手にとってやりにくい相手になるでしょう。僕もドライブマンだったので、先に攻める事を主とした戦型でした。なので回り込みはとても積極的にやってました。

打点を早く意識した前陣速攻や、守りのカットマンはツッツいてもいいでしょう。しかし、回り込みができるカットマンや速攻型も、強みになるかもしれません。


レシーブ関連記事
ナックルのレシーブ方法
レシーブのテクニック
4球目を見据えたレシーブ
レシーブは足から
多球で苦手なレシーブ練習
サーブの回転はどこで判断するのか?
レシーブの構えの基本は?
レシーブミスを少なくするには?
ドライブレシーブからの攻撃練習
ツッツキレシーブからの攻撃練習
ストップレシーブからの攻撃練習
たった1つのスイングで、完璧にレシーブする方法




小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。