卓球練習.comのトップへ > レシーブの練習方法

卓球のレシーブの基本

レシーブはどの選手にとっても、とても難しい技術です。相手のサービスの回転やスピードを瞬時に判断し、適切なラケット角度を作らないといけません。

レシーブとは、返球するという意味です。なので、レシーブの基本は、上手く返す事よりも、確実に相手のコートに入れる事を意識しましょう。レシーブが浮いてチャンスボールになったとしても、相手がミスする事もあるからです。

慣れて来たら順を追って、返球を低くしたり、コースを考えたり、攻撃的なレシーブをマスターしていきましょう。また、どのコースにサービスを出されてもいいような立ち位置と、動きやすい構えをとりましょう。

まずはレシーブするにあたって大事な事は、『回転の仕組みを知る事』です。

横回転サーブを出された時には、ラケットを垂直に当てると、左右に飛んでしまいます。ラケットの角度を変える事が大事ですが、その時に、相手がラケットを動かした方にボールは跳ね返る事を理解しましょう。

どうしても回転の変化が分からない時は、相手のコートの真ん中を狙うことで、レシーブミスをなくしましょう。この事をしっかり理解しておくことがとても大事です。
詳しくは回転のメカニズムの記事も参考にしてみて下さい。


おさらい

1、 相手のコートに入れる事を意識する
2、 回転の仕組みを理解する


     


相手のサーブがわからなくて困ったときは?


主なレシーブの方法

主なレシーブの簡単なポイントをここでは紹介します。

ツッツキ
しっかり下回転をかけて、理想はエンドラインギリギリに返す。そうすることで相手にとって1番強打を打ちにくいボールになります。

ドライブ
基本上回転をかけ、打点の高さを意識してできるだけ高い位置で打つ。そうすることでミスが減ります。

ストップ
しっかりボールに体を寄せて、バウンド直後をあてる。

フリック
しっかり体を寄せて、サービスの回転にラケット面を合わせて頂点をはらう。


 

レシーブ関連記事

ナックルのレシーブ方法
レシーブのテクニック
4球目を見据えたレシーブ
レシーブは足から
多球で苦手なレシーブ練習
サーブの回転はどこで判断するのか?
レシーブの構えの基本は?
レシーブミスを少なくするには?
ドライブレシーブからの攻撃練習
ツッツキレシーブからの攻撃練習
ストップレシーブからの攻撃練習




小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。