卓球練習.comのトップへ > ロビングのコツと練習方法

ロビングとは

卓球で試合をしていると、どんなに強くても台から離れて守りに入らないといけない場面がたまにあります。そんな時に使うのがロビングです。できればそうゆう場面は作らないようにするのが1番ですが、プロの選手でもロビングの場面はたまに見ます。そしてロビングから得点を取る事はよくあります。

相手のスマッシュを後陣でしのぎ、スキを見て攻撃する為に、ロビングの技術は必要となりますが、練習方法はこれといってありません。しかしちょっとしたコツはありますのでここで紹介します。


・できるだけ深く、エンドラインギリギリを狙う。
短い浅いネット前ロビングをしてしまうと、ストップで揺さぶられたり、思いっきり台に叩きつけられて、相手は楽になりどうしても不利です。深く長いボールを出すことで、相手のボールも失速しとらえやすく、ストップもしづらくなります。

   


・バックハンドはロビング、フォアに来たらカウンタードライブで攻めに入る。
相手のレベルが上がってくるにつれて、相手がスマッシュをミスする事はほとんどなくなってきます。なので考え方としては相手のミスを待つのではなく、攻めるチャンスを作る為に、フォアのボールは思い切ってカウンターしましょう。

   


・いつでも前に出れる体勢を作る。
スマッシュで来るとは限らないので、ストップに備えて、いつでも前に出れる体制を作りましょう。相手のストップミスをしっかり決める為にも。


・フォアかバックを狙い気持ちはループドライブ。
ミドルではなく、フォアかバックに揺さぶりをかけましょう。少しループドライブ気味に上回転をかけ、できるだけ低く打つのも手です。


・フィッシュという方法
フィッシュとは、普通のロビングと比べて打点を落とし、低い弾道で相手に返す技術です。ロビングより少し難しいです。横回転や上回転で相手の攻めのスキを見て一気に攻める戦法も使われています。



関連記事
ロビングのコントロールをよくするには?





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。