卓球練習.comのトップへ > ドライブの練習方法 > ループドライブ

ループドライブの練習方法

ループドライブとはその名の通り、輪を描くように打つドライブのことです。主にカットマンとの試合や、下回転への対応に使われ、スピードよりも安定性が求められるドライブで、簡単に言えばつなぎのドライブになります。

打ち方は、普通のドライブと違い、ボールにあてるというよりも、こすりあげて打つという感覚です。

ループドライブはスピードがない分、相手に攻撃を許してしまう恐れがあるので、コースや回転を考えて打てるようになる事が大事です。バックからでもフォアからでもどのコースにでもしっかり打てるようになりましょう。

ループドライブの練習方法で1番オススメなのは、下回転を多球練習で出してもらうことです。フォアとバックに交互に出してもらい、しっかりボールをこすり、出来れば低くネット前に落とすように、どの位置からでもループドライブができるようになることがベストです。

多球練習以外では、レシーブをコースを決めて深くツッツキしてもらい3球目ループでつなぎ、それ以降はフリーで練習をする。ループが甘かったら攻められてしますのでコースとボールの落としどころを意識できます。
   ボールが伸びる

ループドライブは軌道が高くなるので、長いボールを出してしまうとカウンターをされやすくなってしまいます。ループは上回転スピンがかかっている為、相手のコートに落ちると伸びるように相手に向かっていきます。その為できるだけ短く繋ぐことで相手にとって攻撃しにくいボールになるのです。

このことをふまえた上でループドライブをマスターしましょう。


ポイント
・どのコースからでも打てるようになる
・ネット前に落とす意識をする
・ループといえど、できるだけ弾道は低くする





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。