卓球練習.comのトップへ > 卓球の基礎知識 > 卓球のルール

卓球の基本ルール

・基本のルール
・サービスのルール
・試合のルール
・ダブルスのルール
・用具のルール


   

基本のルール

卓球では、1試合を1マッチと言う。

1マッチ、3ゲーム、5ゲーム、7ゲームで構成されてます。

7ゲームでは4ゲーム、5ゲームでは3ゲーム、3ゲームでは2ゲームを先取した方が勝ちとなります。

ほとんどの場合、5ゲームで3ゲーム先にとった方の勝利です。

簡単に解説すると、1ゲーム11点マッチで、先に11点取ったら1ゲーム。
そして、これを先に3ゲーム取った方の勝ちとなります。

そして、5ゲーム試合で5ゲーム目だと、どちらかが5点取った時点でコートを交代するチェンジコートを行います。

10対10になった時は、「10オール」と言い、先に2点リードした方が勝ちとなり、これをデュースと言います。

普段サービスは2本ごと交代するが、デュースの時は1本ごとに交代する。

サービスのルール

・ボールは手のひらから、真っすぐ16cm以上あげる事。
・台の外で、台より上で、相手に見えるように打つ事。
・トスして落ちてくるボールを打つ事。
・自分のコート、相手のコートに1バウンドさせる事。
・打つ時、ボールと両端のサポート(ネットの両端)を結んだ、
 三角形の中に体が入らない事。

サービスのボールがネットに当たった場合
・ネット後、コートに入った場合はやり直し
・ネット後、コート上で相手のラケットに当たった場合やり直し
・ネット後、コートから出た場合は相手の得点
・ネット後、コートの外で相手のラケットに当たった場合は相手の得点

試合のルール

・11点1ゲーム
・5ゲーム(3セット先取)または7ゲーム(4セット先取)
・10対10の場合は2点リードした方が勝利
・サービスは2本交代
・試合開始のサービス権は「じゃんけん」で決める。
 (世界大会の場合はトスコインを使用する)
・試合開始前にお互いのラケットを見せ合う。
・フルセット(最終ゲーム)では、どちらかが5点取るとチェンジコート
・1試合に1度タイムアウトを取ることができる。


返球が認められる
・手首に当たってコートに入った場合。
・ネットに入ってコートに入った場合。
・ネットの横から入った場合。


返球が認められない、相手の点数になる
・天井や照明に当たった場合。
・ラバーの貼ってないウラ面での返球の場合。
・手からラケットが離れて返球した場合。
・フリーハンドを台についてしまう。
 (フリーアーム(手首より上の肘や腕)の場合はOK)
・ネットに体の一部が触れてしまう。

ダブルスのルール

・サービスはフォア側から対角に打つ事。
・プレイヤーは交互に打たないといけない。
・ダブルスペアはお互いユニフォームを揃えないといけない。

用具のルール

ラケット
・JTTA(日本卓球協会)またはITTF(世界卓球連盟)の公認マークと、メ ーカーの商標が必要。
・ペンホルダーは裏側を、ラバーの反対の色にしなければならない。
・グリップはどんな加工をしても構わない。


ラバー
・日本卓球協会か世界卓球連盟の公認したものを使用しなければならない。
・両面貼る場合は、裏表違う色にしないといけない。
・スピードグルー(弾む接着剤)は使用禁止。
・2mm以上ラケットからはみ出てはいけない。

ボール
日本卓球協会が公認した、直径40mmで、白かオレンジ色。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。