卓球練習.comのトップへ > 卓球のQ&A > サーブはどんな心構えで出せばよいか?

サーブはどんな心構えで出せばいいか?

サーブは攻撃の第1球だ。と心に念じてください。サーブ権を持ってる時はできるだけ攻勢をとり、

①サーブで得点する
②サーブのあとの3球目で得点する
③サーブのあとの3球目でチャンスをつくり、5球目で得点する


という計画でサーブをするようにします。かといって無理してサーブを決めようとしたり、3球目ですべて決めようとするとミスがでますが、攻撃精神がまずなければサーブそのものに勢いがなくなります。

昔、卓球がまだ始まったころ、サーブで得点してはいけないというルールがありました。そのためサーブ(サービス)はラリーを始めるための奉仕(サービス)球だったわけです。しかし今はサーブでもレシーブでも得点してもいいわけです。

なのでサーブはできるだけ威力を持たせ、いきなりサーブで得点してもかまわないわけです。ただ、サーブだけで得点をねらうという心構えは、レシーブされた時に心にスキができます。

サーブで点をとりにいくが、期待はしない心構えで次の返球に備えましょう。


サーブを出すときは息を止めておいたほうがいいの?

サーブの動作の前にしっかり呼吸を整え、息を軽く吸い込み、はく息の動作の時にサーブを出します。気があせってくると、息をはき出した状態でサーブをしたりする時があります。こんな時にサーブミスが出ます。

逆に息を吸い込みすぎて呼吸が乱れた状態でサーブをすると、体の構えが狂ってサーブミスをする事もあります。大きく動いた後、呼吸のみだれがおさまらない状態でサーブするとやはりやはり腕に狂いが生じます。

卓球のラリーは平均7秒です。この間に180ぐらいまで心拍数があがります。そして1秒~15秒の間隔のうちに150くらいまで下がります。下がって呼吸を整えてからサーブを出します。

このペースをしっかり守れようにすれば、サーブがいつも安定して入るようになります。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。