卓球練習.comのトップへ > ツッツキの練習方法 > サイドスピンのツッツキの打ち方

サイドスピンのツッツキ

ツッツキをマスターすると、いろんなツッツキに挑戦して欲しい。その1つが、サイドスピンです。相手の下回転に対して横回転を加えたツッツキになりますが、サイドスピンのメリットは、ツッツキを主導権を握ることができる技術に変える事ができる事です。ここではそのサイドスピンの打ち方などを図を使って解説していきます。


下の図のようにサイドスピンには2つの種類があります。

    


1つずつ解説していきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①時計回りのサイドスピン
①の回転のほうが使うパターンが多いです。下の図はシェークハンドのバックハンドでのサイドスピンの例です。ラケットの先を上にしてボールの左下側を切る。

    


時計回りのサイドスピンは、下の図のように、ショートサービスをバック側にツッツキされた時に、速いタイミングで③のようにサイドを切る位置にサイドスピンを送ります。

    


そうすると、相手がドライブマンでフォアハンド攻撃をしようと思っている人の場合フォアに回り込むことができず、仕方なく相手はツッツキで返してきます。それを5球目でねらい打ちするか、あるいはラリーの主導権をにぎる事ができます。

もちろん練習すればフォアハンドでもできます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
②反時計回りのサイドスピン
下の図はシェークハンドのバックハンドでのサイドスピンの例です。ヒジを上げ、ボールの右側(右下)を切るように打ちます。


切るツッツキのあいだにこれを混ぜて、相手の返球を浮かせ、フォアハンド攻撃に結びつける時などに使うと有効です。このツッツキは体の正面にきたボールに対して打ちやすいので、下の図のように、ミドルボールを相手のフォア側サイドを狙うこともできます。
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サイドスピンまとめ
ここではサイドスピンを使った一例をあげましたが、その他にもフォアハンドでのサイドスピンや、ダブルスでの応用などもあります。サイドスピンを使えるようになったら、相手を左右に動かすことができ、今以上に有利に試合を運ぶことができるようになるでしょう。

ここではシェークハンドを例に出しましたが、ペンホルダーは手首を使うことができるので、もっと手軽にサイドスピンを応用できるでしょう。試してみてください。





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。