卓球練習.comのトップへ > サーブからの3球目練習

サーブからの3球目と5球目

自分のサービス(1球目)から、相手のレシーブ(2球目)で返ってきたボールを、3球目の攻撃につなげる練習です。

現代卓球において、3球目で攻撃を仕掛ける事はとても重要です。3球目で決めるか、チャンスをつくり、5球目で決める事がもっとも理想の試合運びです。基本的に3球目練習は、常に5球目を見据えた3球目練習をすることです。3球目練習だけだと、3球目を打ったら安心してしまいがちだからです。

得意なサービス+3球目5球目攻撃パターンをたくさん持っている選手は強い。自分の攻撃スタイルをしっかり作り上げましょう。

ここでは、主な3球目練習を紹介します。

   

基本的な3球目練習

1、威力や安定性、攻撃範囲があるのは、基本的にフォアハンド。始め3球目はできるだけフォアハンド攻撃を意識してマスターしましょう。まずは基本の2つです。フットワークを使ってしっかり決める事を意識しましょう。

   

・サービスをバックに返してもらってフォアハンドで3球目練習。
・サービスをフォアに返してもらってフォアハンドで3球目練習。

この2つの練習の注意点は、返ってくる場所が決まっているからといって、サービス後にすぐ移動しない事。しっかりボールを見て動く事です。その為にも、レシーブする側も、たまに違う所にレシーブする。レシーブ側はブロック練習を意識する事。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2、フォア、バックランダムにレシーブしてもらう。
1だけを練習しても、実際の試合ではランダムに返って来る。しっかり判断して足を動かし、正確に決めるためにも、この練習は欠かせない。この練習をすると、1の基本の大切さが分かると思います。中途半端な体勢やフットワークでは、ミスが多くなってしまいます。

   

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ポイント(スイングの変化)
下回転サービスの場合、3球目は下から上のドライブスイング、5球目はドライブのブロック後のボール(少し上回転気味)なので、前にスイングする。3球目と5球目のスイングの違いに気を付けましょう。

深いツッツキに対しての3球目





小・中学生向け上達DVD!!
自信があるから全額返信保証付!
指導者にオススメの1枚です。
 

初心者向け卓球上達DVD!!
全国優勝し続けた遊澤選手の渾身の1枚!
早く初心者を抜け出したいあなたに。